先頭に戻る

±15kV ESD保護、フェイルセーフ、高速(10Mbps)、スルーレート制限、RS-485/RS-422トランシーバ

製品の詳細

MAX3080E~MAX3089Eは、1個のドライバと1個のレシーバを含む±15kVの静電放電(ESD)保護機能を備えた、RS-485/RS-422通信用高速トランシーバです。これらのデバイスはフェイルセーフ回路を備えており、レシーバ入力がオープンまたは短絡状態の時にロジックハイのレシーバ出力を保証します。つまり、終端処理されたバス上のトランスミッタ全てがディセーブルされると(ハイインピーダンス)、レシーバ出力がロジックハイになります。MAX3080E/MAX3081E/MAX3082Eは、EMIを最小限に抑え、正しく終端処理されていないケーブルからの反射を低減するスルーレート制限ドライバを備えているため、115kbpsまでのエラーフリーのデータ送信が可能です。MAX3083E/ MAX3084E/MAX3085Eは、ドライバ出力スルーレートリミットが高いため、最大500kbpsの送信が可能です。また、MAX3086E/MAX3087E/MAX3088Eは、ドライバスルーレートが制限されていないため、最大10Mbpsの送信が可能です。MAX3089Eのスルーレートは、単一のスリーステートドライバで選択ピンを駆動することによって115kbps、500kbpsおよび10Mbpsのいずれかを選択できます。これらの製品は全てESD保護が強化されており、全てのトランスミッタ出力とレシーバ入力は、ヒューマンボディモデルで±15kVまで保護されています。

これらトランシーバの消費電流は、無負荷状態またはドライバがディセーブルされている最大負荷状態で375µAとなります。

いずれのデバイスもレシーバ入力インピーダンスが1/8ユニット負荷であるため、バス上に最大256個のトランシーバを接続することができます。MAX3082E/MAX3085E/MAX3088Eはハーフデュープレックス通信用、MAX3080E/MAX3081E/MAX3083E/MAX3084E/MAX3086E/MAX3087Eはフルデュープレックス通信用です。MAX3089Eは、ハーフデュープレックスとフルデュープレックスが選択可能になっています。また、この製品は、レシーバとトランスミッタの出力位相を別々のピンにより個別に設定できるようになっています。

主な機能

  • RS-485 I/OピンのESD保護
    ±15kV (ヒューマンボディモデル)
  • EIA/TIA-485コンパチビリティを維持した真のフェイルセーフレシーバ
  • スルーレート制限の強化によるエラーフリーのデータ送信(MAX3080E~MAX3085E/MAX3089E)
  • 1nAの低電流シャットダウンモード(MAX3081E/MAX3084E/MAX3087Eを除く)
  • フル/ハーフデュープレックスをピン選択可能(MAX3089E)
  • ツイストペア逆転を補正する位相制御(MAX3089E)
  • 最大256個のトランシーバをバス上に接続可能

アプリケーション/用途

  • 産業用制御ローカルエリアネットワーク
  • レベルトランスレータ
  • RS-422/RS-485通信
  • EMIに敏感な機器用トランシーバ
Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 1Tx + 1Rx
Duplex Half/Full
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 10000
ICC (mA) (typ) 0.375
ESD Protect. (±kV) 15
Tx EN Yes
Rx EN Yes
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 0.001
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/14
SOIC (N)/14
Budgetary
Price (See Notes)
$1.89 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX3080E、MAX3083E、MAX3086E:ピン配置 MAX3080E、MAX3083E、MAX3086E:ピン配置 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

追加リソース
RS-485リソース
/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 1Tx + 1Rx
Duplex Half/Full
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 10000
ICC (mA) (typ) 0.375
ESD Protect. (±kV) 15
Tx EN Yes
Rx EN Yes
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 0.001
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/14
SOIC (N)/14
Budgetary
Price (See Notes)
$1.89 @1k

主な機能

  • RS-485 I/OピンのESD保護
    ±15kV (ヒューマンボディモデル)
  • EIA/TIA-485コンパチビリティを維持した真のフェイルセーフレシーバ
  • スルーレート制限の強化によるエラーフリーのデータ送信(MAX3080E~MAX3085E/MAX3089E)
  • 1nAの低電流シャットダウンモード(MAX3081E/MAX3084E/MAX3087Eを除く)
  • フル/ハーフデュープレックスをピン選択可能(MAX3089E)
  • ツイストペア逆転を補正する位相制御(MAX3089E)
  • 最大256個のトランシーバをバス上に接続可能

アプリケーション/用途

  • 産業用制御ローカルエリアネットワーク
  • レベルトランスレータ
  • RS-422/RS-485通信
  • EMIに敏感な機器用トランシーバ

説明

MAX3080E~MAX3089Eは、1個のドライバと1個のレシーバを含む±15kVの静電放電(ESD)保護機能を備えた、RS-485/RS-422通信用高速トランシーバです。これらのデバイスはフェイルセーフ回路を備えており、レシーバ入力がオープンまたは短絡状態の時にロジックハイのレシーバ出力を保証します。つまり、終端処理されたバス上のトランスミッタ全てがディセーブルされると(ハイインピーダンス)、レシーバ出力がロジックハイになります。MAX3080E/MAX3081E/MAX3082Eは、EMIを最小限に抑え、正しく終端処理されていないケーブルからの反射を低減するスルーレート制限ドライバを備えているため、115kbpsまでのエラーフリーのデータ送信が可能です。MAX3083E/ MAX3084E/MAX3085Eは、ドライバ出力スルーレートリミットが高いため、最大500kbpsの送信が可能です。また、MAX3086E/MAX3087E/MAX3088Eは、ドライバスルーレートが制限されていないため、最大10Mbpsの送信が可能です。MAX3089Eのスルーレートは、単一のスリーステートドライバで選択ピンを駆動することによって115kbps、500kbpsおよび10Mbpsのいずれかを選択できます。これらの製品は全てESD保護が強化されており、全てのトランスミッタ出力とレシーバ入力は、ヒューマンボディモデルで±15kVまで保護されています。

これらトランシーバの消費電流は、無負荷状態またはドライバがディセーブルされている最大負荷状態で375µAとなります。

いずれのデバイスもレシーバ入力インピーダンスが1/8ユニット負荷であるため、バス上に最大256個のトランシーバを接続することができます。MAX3082E/MAX3085E/MAX3088Eはハーフデュープレックス通信用、MAX3080E/MAX3081E/MAX3083E/MAX3084E/MAX3086E/MAX3087Eはフルデュープレックス通信用です。MAX3089Eは、ハーフデュープレックスとフルデュープレックスが選択可能になっています。また、この製品は、レシーバとトランスミッタの出力位相を別々のピンにより個別に設定できるようになっています。

簡略化されたブロック図

MAX3080E、MAX3083E、MAX3086E:ピン配置 MAX3080E、MAX3083E、MAX3086E:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。