MAX3080

フェイルセーフ、高速(10Mbps)、スルーレート制限、RS-485/RS-422トランシーバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

RS-485/RS-422通信用の高速トランシーバMAX3080~MAX3089は、1つのドライバと1つのレシーバを内蔵しています。これらのデバイスはフェイルセーフ回路を備えており、レシーバ入力が開放または短絡した際にロジックハイのレシーバ出力を保証します。つまり、終端バスのすべてのトランスミッタがディセーブル(ハイインピーダンス)になると、レシーバ出力がロジックハイとなります。MAX3080/MAX3081/MAX3082は、EMIを最小限に抑え、不適切に終端されたケーブルによって発生する反射を軽減するスルーレートドライバを備えており、最大115kbpsのエラーフリーデータ送信が可能です。MAX3083/MAX3084/MAX3085は、ドライバ出力のスルーレート制限が高く、最大500kbpsの送信速度を可能にします。MAX3086/MAX3087/MAX3088のドライバスルーレートは制限されておらず、最大10Mbpsの送信スピードが可能となります。MAX3089のスルーレートは、スリーステートドライバのセレクタ端子を駆動することによって、115kbps、500kbps、および10Mbpsから選択可能です。

無負荷時、またはドライバがディセーブルで最大負荷時におけるこれらのトランシーバの消費電流は375µA (typ)です。

すべてのデバイスは、レシーバ入力インピーダンスが1/8ユニット負荷であるため、バス上に最大256個のトランシーバを接続することができます。MAX3082/MAX3085/MAX3088はハーフデュープレックス通信、MAX3080/MAX3081/MAX3083/MAX3084/MAX3086/MAX3087はフルデュープレックス通信用となります。MAX3089は、ハーフデュープレックスおよびフルデュープレックス動作が選択可能となり、個別のピンを使用することによって、個別設定可能なレシーバおよびトランスミッタ出力位相を特長としています。
MAX3080、MAX3083、MAX3086:ピン配置 MAX3080、MAX3083、MAX3086:ピン配置 拡大表示+

主な特長

  • フォルトトレラントのアプリケーションには:
    MAX3430:±80Vのフォルト保護、フェイルセーフ、1/4ユニット負荷、+3.3V RS-485トランシーバ
  • 低電圧アプリケーションには:
    MAX3362:+3.3V、高速、RS-485/RS-422トランシーバ、SOT23パッケージ
  • マルチトランシーバのアプリケーションには: MAX3030E~MAX3033E:±15kV ESD保護、+3.3V、クワッド、RS-422トランスミッタ
    MAX3040~MAX3045:±10kV ESD保護、クワッド、+5V、RS-485/RS-422トランスミッタ

アプリケーション/用途

  • 産業用制御ローカルエリアネットワーク
  • レベルトランスレータ
  • RS-422/RS-485通信
  • EMIに敏感な機器用トランシーバ

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.

技術資料

チュートリアル 4993 Reduce the Chances of Human Error: Part 2, Super Amps and Filters for Analog Interface
チュートリアル 4991 Oops...Practical ESD Protection vs. Foolhardy Placebos
アプリケーションノート 1090 Methods for Trimming the Power Required in RS-485 Systems
アプリケーションノート 651 I/OポートのESD保護
アプリケーションノート 639 ESD保護をリードするマキシム
アプリケーションノート 367 Explanation of Maxim RS-485 Features

その他リソース

RS-485リソース
製品の信頼性レポート: MAX3080.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX33072E
+3V~+5.5V、極性反転RS-485ハーフデュプレックストランシーバ、±65Vフォルト保護、±40V CMR、および±40kV ESD保護内蔵

  • 内部保護によって堅牢な通信を実現
  • 高性能トランシーバによって柔軟な設計を実現

MAX33073E
+3V~+5.5V、極性反転RS-485ハーフデュプレックストランシーバ、±65Vフォルト保護、±40V CMR、および±40kV ESD保護内蔵

  • 内部保護によって堅牢な通信を実現
  • 高性能トランシーバによって柔軟な設計を実現

MAX22088
ホームバスシステム(HBS)対応トランシーバ

  • 高集積によって部品数および実装面積を削減
  • 設定自由度によって柔軟な設計を実現
  • 内部保護によって堅牢な通信を実現

種類 ID タイトル
チュートリアル 4993 Reduce the Chances of Human Error: Part 2, Super Amps and Filters for Analog Interface
チュートリアル 4991 Oops...Practical ESD Protection vs. Foolhardy Placebos
アプリケーションノート 1090 Methods for Trimming the Power Required in RS-485 Systems
アプリケーションノート 651 I/OポートのESD保護
アプリケーションノート 639 ESD保護をリードするマキシム
アプリケーションノート 367 Explanation of Maxim RS-485 Features