先頭に戻る

±10kV ESD保護、クワッド、5V、RS-485/RS-422トランスミッタ

回路初期化中のデータ誤り伝送を防止するホットスワップ可能入力

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ESD保護:±10kV −ヒューマンボディモデル
  • +5V単一電源動作
  • デバイス間スキューを保証(MAX3040/MAX3041/MAX3043/MAX3044)
  • 'SN75174、'26LS31C、およびLTC487とピンコンパチブル
  • テレコムアプリケーション用ホットスワップ
  • 最高20Mbpsのデータレート(MAX3042B/MAX3045B)
  • スルーレート制限(2.5Mbpsと250kbpsのデータレート)
  • 2nAの低電力シャットダウンモード
  • 動作消費電流:1mA
  • IEC 1000-4-4準拠の±2kV EFT高速過渡バースト耐性
  • IEC 1000-4-5、非シールドケーブルモデル準拠のレベル2サージ耐性
  • 超小型16ピンTSSOP、16ピンナローSO、および16ピンワイドSO

アプリケーション/用途

  • ハンドヘルド機器
  • 産業用モータ制御
  • 産業用PLC
  • ネットワーキング
  • テレコム機器
  • ESDに敏感なアプリケーションのトランスミッタ

説明

MAX3040~MAX3045は、ツイストペア平衡線ディジタルデータ転送用に設計された5VクワッドRS-485/RS-422トランスミッタのファミリです。全トランスミッタ出力が、ヒューマンボディモデルを用いて±10kVに対して保護されています。MAX3040/MAX3043(250kbps)とMAX3041/MAX3044(2.5Mbps)は、EMIを最小にするためとケーブル終端不適切によって生じる反射を低減するためにスルーレート制限付きトランスミッタであるため、エラーのない伝送が可能です。

MAX3040~MAX3045は、起動中やホットスワップ時にデータケーブルで発生する誤遷移を除去するホットスワップ機能を備えています。MAX3042B/MAX3045Bは最高20Mbpsのデータ転送レート用に、MAX3041/MAX3044は最高2.5Mbpsのデータレート用に、MAX3040/MAX3043は最高250bpsのデータレート用に、それぞれ最適化されています。MAX3040~MAX3045は、MAX3093EまたはMAX3095 5Vクワッド差動ラインレシーバまたはMAX3094E/MAX3096 3Vクワッド差動ラインレシーバと組み合わせて使用する場合に最適な性能が得られます。

MAX3040~MAX3045は、業界標準'SN75174と'DS26LS31Cに対する低電力、ESD保護付き、ピンコンパチブルの上位置換品です。これらは、省スペースのTSSOP、ナローSO、ワイドSOのパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX3040、MAX3041、MAX3042:ピン配置 MAX3040、MAX3041、MAX3042:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。