先頭に戻る

+5V駆動、マルチチャネルRS-232ドライバ/レシーバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 5
12
Data Rate (kbps) (min) 120
ICC (mA) (typ) 0.4
Internal Charge Pump No
External Caps 2
Cap. Value (µF) (nom) 1
Package/Pins CDIP/14
PDIP/14
SOIC (W)/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.72
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。参照: サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 5
12
Data Rate (kbps) (min) 120
ICC (mA) (typ) 0.4
Internal Charge Pump No
External Caps 2
Cap. Value (µF) (nom) 1
Package/Pins CDIP/14
PDIP/14
SOIC (W)/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.72

主な特長

  • 基板スペースの削減
  • チャージポンプ回路内蔵
    • バイポーラ±12V電源が不要
    • +5V電源からの単一電源動作が可能
  • コンデンサ内蔵(MAX223、MAX233、MAX235、MAX245~MAX247)
  • 電力の節約によって省電力の要件に対応
  • シャットダウンモード:5µW

アプリケーション/用途

  • インタフェース変換
  • マルチドロップRS-232ネットワーク
  • ポータブル診断機器

説明

ラインドライバ/レシーバのMAX220~MAX249ファミリは、すべてのEIA/TIA-232EおよびV.28/V.24通信インタフェース、特に±12Vが利用できないアプリケーション用に設計されています。

MAX225、MAX233、MAX235、およびMAX245/MAX246/MAX247は、外付け部品を使用しないため、プリント基板のスペースが重要なアプリケーションに推奨されます。

MAX220~MAX249は26種類のパッケージで提供され、温度範囲は0~+70℃から最大で-55℃~+125℃です。全パッケージおよび温度のオプションについては、データシートの最後にある型番の表を参照してください。

簡易ブロック図

MAX220、MAX232、MAX232A:ピン配置および標準動作回路 MAX220、MAX232、MAX232A:ピン配置および標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。参照: サポートセンター をご利用ください。