先頭に戻る

小型、絶縁型、ハーフデュプレックスRS-485/RS-422トランシーバ、AutoDirection制御内蔵

小型、絶縁型RS-485/RS-422トランシーバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 1Tx + 1Rx
Duplex Half
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 500
Galvanic Isolation (±V) 3500
ESD Protect. (±kV) 10
Tx EN No
Rx EN No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (W) HYBRID/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.92
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

パラメーター

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 1Tx + 1Rx
Duplex Half
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 500
Galvanic Isolation (±V) 3500
ESD Protect. (±kV) 10
Tx EN No
Rx EN No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (W) HYBRID/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.92

主な特長

  • 高レベルの集積によって全体ソリューションサイズを削減
    • 完全絶縁型ハーフデュプレックスRS-485/RS-422トランシーバ
    • 小型8ピンワイドボディSOICパッケージ(沿面距離:5.5mm)
  • 内部保護によって堅牢な通信を確保
    • ドライバ出力/レシーバ入力のESD保護:±10kV (HBM)
    • フェイルセーフレシーバによってレシーバ入力の短絡またはオープン発生時のフォルト遷移を防止(MAX22025F~MAX22028F)
    • 絶縁耐圧(VISO):3.5kVRMS (60秒)
    • 最大繰り返しピーク絶縁電圧(VIORM):630VPEAK
    • 連続最大動作絶縁電圧(VIOWM):445VRMS
  • 柔軟なシステム設計を実現
    • 最大データレート:0.5Mbps (MAX22025/MAX22027/MAX22025F/MAX22027Fのスルーレート制限されたドライバ)
    • 最大データレート:16Mbps (MAX22026/MAX22028/ MAX22026F/MAX22028F)
    • AutoDirectionによってDEおよびアクティブローRE制御信号が不要

アプリケーション/用途

  • ユーティリティメーター
  • 産業オートメーション機器
  • プログラマブルロジックコントローラ
  • HVAC

説明

小型絶縁型RS-485/RS-422トランシーバのMAX22025~MAX22028/MAX22025F~MAX22028Fは、3.5kVRMSのデジタルガルバニック絶縁をデバイスのケーブル側(RS-485/RS-422ドライバ/レシーバ側)とUART側の間に提供します。絶縁は、ポート間に大きいグランド電位の差がある場合に、グランドループの切断によって通信を向上しノイズを低減します。これらのデバイスは、最大0.5Mbpsまたは16Mbpsの堅牢な通信を可能にします。

MAX22025~MAX22028/MAX22025F~MAX22028Fはマキシム独自のAutoDirection制御を備えているため、これらのデバイスはドライバ入力がドライバイネーブル信号との組み合わせで差動バスの駆動に使用される絶縁型RS-485ポートなどのアプリケーションに最適です。

MAX22025/MAX22027/MAX22025F/MAX22027Fは、EMIを最小限に抑えケーブルの不適切な終端によって生じる反射を低減する低スルーレートドライバを備え、最大0.5Mbpsでエラーのない伝送が可能です。MAX22026/MAX22028/MAX22026F/MAX22028Fのドライバ出力はスルーレート制限がなく、最大16Mbpsの送信速度が可能です。

MAX22025/MAX22026/ MAX22025F/MAX22026Fのレシーバ出力は、デバイスがドライバイネーブル状態の場合は(VA-VB)に従って変化しません。MAX22027/MAX22028/MAX22027F/MAX22028Fのレシーバ出力は、常に(VA-VB)に従って変化します。

ドライバ出力およびレシーバ入力は、ヒューマンボディモデル(HBM)による規定に従って、ケーブル側のGNDB に対する±10kVの静電気放電(ESD)から保護されています。MAX22025~MAX22028/MAX22025F~MAX22028Fは小型8ピンワイドボディSOICパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲にわたって動作します。

簡易ブロック図

MAX22025、MAX22025F、MAX22026、MAX22026F、MAX22027、MAX22027F、MAX22028、MAX22028F:ファンクションダイアグラム MAX22025、MAX22025F、MAX22026、MAX22026F、MAX22027、MAX22027F、MAX22028、MAX22028F:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。