先頭に戻る

デジタル入力を備えたRS-422、HTL、およびTTL用インクリメンタルエンコーダインタフェース

業界最高の堅牢性、クワッドRS-422/TTL/HTLレシーバ + 2つのデジタル入力

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 4Rx
Duplex Half
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 35000
Fault Protect. (±V) 40
ICC (mA) (typ) 9
ESD Protect. (±kV) 25
Tx EN No
Rx EN No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.33
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 4Rx
Duplex Half
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 35000
Fault Protect. (±V) 40
ICC (mA) (typ) 9
ESD Protect. (±kV) 25
Tx EN No
Rx EN No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.33

主な特長

  • 高い柔軟性によってすべてのエンコーダタイプに対応
    • 選択可能なRS-422/HTL/TTL/DIレシーバ
    • RS-422スイッチングレート:最大35Mbps
    • TTLスイッチングレート:最大5MHz
    • HTLスイッチングレート:最大400kHz
    • SPIまたはピン制御動作
    • SPIインタフェースによってレシーバごとの設定が可能
    • ロジックインタフェース:1.62V~5.5V
  • 内蔵フォルト保護によってダウンタイムを低減
    • オープンワイヤおよび短絡検出
    • 過電圧および低電圧フォルト検出
  • 内蔵保護によって堅牢な通信を確保
    • フォルト保護範囲:±40V
    • RS-422コモンモード範囲:±20V
    • DIグリッチフィルタ
    • HBM ESD:±25kV
    • IEC 61000-4-2気中放電ESD:±7kV
    • IEC 61000-4-2接触放電ESD:±10kV
    • 動作温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • エンコーダインタフェース
  • モータコントローラ
  • パルスカウンター
  • サーボ制御整流

説明

インクリメンタルエンコーダレシーバのMAX14890Eは、4つの差動レシーバと2つのシングルエンドレシーバを備えています。

差動レシーバは、RS-422または差動のハイスレッショルドロジック(HTL)モードで動作することができ、オプションとして、シングルエンドTTL/HTL動作に設定可能です。MAX14890Eは、RS-422モードで-20V~+20Vの広いコモンモード入力範囲を備えています。

IEC 61131-2タイプ1/タイプ3補助デジタル入力は、スイッチまたは近接センサーでの動作用に設計されており、TTL動作用に個別に設定可能です。

すべてのレシーバ入力信号は、±40V範囲の電圧短絡に対してフォルト保護されます。チャネルごとのフォルト検出は、小差動信号、短絡、オープン、過電圧、および低電圧などの異常な状態への警告を提供します。

MAX14890Eは、ピン選択可能なSPIまたはパラレルロジックインタフェースを備えています。SPI制御は、詳細な診断機能とレシーバの個別設定を提供します。

MAX14890Eは、32ピンTQFN-EP (5mm x 5mm)で提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX14890E:標準動作回路 MAX14890E:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。