先頭に戻る

2.75kVRMS絶縁型500kbps/25MbpsフルデュプレックスRS-485/RS-422トランシーバ、±35kV ESD保護およびトランスドライバ内蔵

業界最高の堅牢性、絶縁型RS-485

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 1Tx + 1Rx
Duplex Full
VSUPPLY (V) 3.0 to 5.5
Data Rate (kbps) (min) 500
Galvanic Isolation (±V) 2750
ICC (mA) (typ) 4.7
ESD Protect. (±kV) 35
Tx EN Yes
Rx EN Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Package/Pins SOIC HYBRID (W)/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.82

主な特長

  • 高集積化によって設計を簡素化
    • ケーブル側への給電用LDO内蔵
    • ケーブル側への電力伝送用トランスドライバ内蔵
  • 高性能トランシーバによって柔軟な設計を実現
    • RS-485 EIA/TIA-485規格に準拠
    • 最大データレート:500kbps (MAX14853)/25Mbps (MAX14855)
    • バス上に最大128のデバイス
    • スルーレート制限出力(MAX14853)
    • レシーバデグリッチフィルタ内蔵でノイズ耐性を強化(MAX14853)
  • 内蔵保護によって堅牢な通信を確保
    • ドライバ出力/レシーバ入力のESD (HBM):±35kV
    • 絶縁耐圧電圧(VISO):2.75kVRMS (60秒)
    • 最大繰り返しピーク絶縁電圧(VIORM):630VPEAK
    • 最大動作絶縁電圧(VIOWM):445VRMS
    • 寿命:30年以上(定格動作電圧時)
    • IEC 61000-4-5適合サージ耐圧:±10kV
    • サーマルシャットダウン

アプリケーション/用途

  • HVAC
  • 産業オートメーション機器
  • パワーメータ
  • プログラマブルロジックコントローラ

説明

絶縁型RS-485/RS-422トランシーバのMAX14853/MAX14855は、2750VRMS (60秒)のガルバニック絶縁をデバイスのケーブル側(RS-485/RS-422ドライバ/レシーバ側)とUART側の間に提供します。絶縁は、ポート間にグランド電位の大きな差が存在する場合にグランドループを切断することでノイズを低減し通信を改善します。これらのデバイスは、最大500kbps (MAX14853)または25Mbps (MAX14855)の堅牢な通信を実現します。

MAX14853/MAX14855は、外付けトランスを使用してトランシーバのケーブル側へ電力を伝送する450kHzトランスドライバを内蔵しています。内蔵LDOによって、ICのケーブル側に給電するためのシンプルでスペース効率に優れたアーキテクチャが提供されています。

MAX14853/MAX14855は、1つのドライブチャネルと1つの受信チャネルを備えています。レシーバは、1/4ユニット負荷で、1つの共通バス上に最大128のトランシーバを接続可能です。

内蔵の真のフェイルセーフ回路は、入力が短絡またはオープンの場合に、レシーバ出力を確実にロジックハイにします。低電圧ロックアウトは、ケーブル側またはUART側の電源が正常動作レベルを下回るとドライバをディセーブルにします。

ドライバ出力とレシーバ入力は、ケーブル側GNDBに対し、ヒューマンボディモデル(HBM)で規定された±35kVの静電気放電(ESD)から保護されます。

MAX14853/MAX14855は、ワイドボディの16ピンSOICパッケージで提供され、-40℃~+105℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX14853、MAX14855:標準アプリケーション回路 MAX14853、MAX14855:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。