先頭に戻る

+5V、2Mbps CANトランシーバ、±65Vフォルト保護、±25V CMR、および±25kV ESD内蔵

2Mbps CANトランシーバ、高い保護とマルチ機能STBY端子、8ピンSOパッケージ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

全て表示する
Parametric specs for Controller Area Network (CAN) Transceivers
VSUPPLY (V) 5
Fault Protect. (±V) 65
ICC (Dominant Mode) (mA) (max) 70
ICC (Recessive Mode) (mA) (typ) 4
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 45 (Standby Mode)
ESD Protect. (±kV) 25
Common Mode Range (V) -25 to +25
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.27
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Controller Area Network (CAN) Transceivers
VSUPPLY (V) 5
Fault Protect. (±V) 65
ICC (Dominant Mode) (mA) (max) 70
ICC (Recessive Mode) (mA) (typ) 4
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 45 (Standby Mode)
ESD Protect. (±kV) 25
Common Mode Range (V) -25 to +25
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.27

主な特長

  • 内部保護によって堅牢性を向上
    • CANHとCANLのフォルト耐性:±65V
    • ESD保護:±25kV HBM (ヒューマンボディモデル)
    • 拡張コモンモード入力範囲(CMR):±25V
    • トランスミッタのドミナントタイムアウトによってロックアップを防止
    • 短絡保護
    • サーマルシャットダウン
  • 柔軟な設計オプションを提供するファミリ
    • 低速スルーレートによってEMIを最小化
    • トランスミッタをディセーブルするサイレントモードS
    • 低電流モードを設定するSTBY入力
    • ロジック電源(VL)範囲:1.62V~5.5V
  • 高速動作:最大2Mbps
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃、8ピンSOICパッケージ

アプリケーション/用途

  • ビルオートメーション
  • ドローン
  • 産業用オートメーション
  • 計測
  • モータ制御
  • プログラマブルロジックコントローラ
  • スマートグリッド機器

説明

MAX13053AおよびMAX13054Aは、産業アプリケーション用の保護を内蔵した+5V CAN (Control Area Network)トランシーバです。これらのデバイスは、過電圧保護が必要な機器用に拡張された±65Vフォルト保護を備えています。また、高い±25kV ESD HBMおよびISO11898仕様の-2V~+7Vを上回る±25Vの入力コモンモード範囲(CMR)も取り入れています。これによって、これらの製品は電気的ノイズの多い環境のアプリケーションにおいてグランドプレーン相互間に相対的な変移が生じる場合に最適です。このファミリは、1.62V~5.5Vロジックとのインタフェース用のロジックレベル電源入力VL、低電流スタンバイモード、トランスミッタをディセーブルするサイレントモード、およびEMIを最小限に抑えるための低速スルーレートという、一般的なCANアプリケーションの要件に対応する各種のオプションを備えています。

これらのデバイスは高速CANデータレートで動作し、小規模ネットワーク上で最大2Mbpsが可能です。大規模ネットワーク上での最大速度は、ネットワーク内のノード数、ケーブルのタイプ、スタブ長、およびその他の要素によって制限される場合があります。これらのトランシーバは、コントローラのエラーまたはTXD入力のフォルトによって引き起こされるバスのロックアップを防ぐためのドミナントタイムアウトを内蔵しています。TXDがTDOM以上にわたってドミナント状態(ロー)のままの場合、ドライバはリセッシブ状態に切り替わって、バスを解放します。MAX13053AはS端子を備え、受信専用のトランシーバを必要とするアプリケーションの場合にトランスミッタをイネーブルおよびディセーブルすることができます。MAX13054AはSTBY端子を備え、低消費電流のスタンバイモード、通常の高速モード、またはグランドとSTBY端子の間に外付け26.1kΩを接続した場合の低速スルーレートモードの、3つの動作モードに設定可能です。

MAX13053AおよびMAX13054Aは標準8ピンSOICパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

デザインソリューション:Lifting the City’s Workers with CANbus ›

デザインソリューション:Ruggedize Your Production Floor with a CAN Bus Interface ›

携帯アプリ

簡易ブロック図

MAX13053A、MAX13054A:簡易ブロックダイアグラム MAX13053A、MAX13054A:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。