先頭に戻る

低電力管理機能およびWake on CANを備えた、±80Vフォルト保護、高速CANトランシーバ

±80Vフォルト保護を提供する、スリープ電流消費わずか18µAのGIFT認定CANトランシーバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Controller Area Network (CAN) Transceivers
VSUPPLY (V) 5
Fault Protect. (±V) 80
ICC (Dominant Mode) (mA) (max) 80
ICC (Recessive Mode) (mA) (typ) 6
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 1.8 (Standby Mode)
ESD Protect. (±kV) 12
Common Mode Range (V) -7 to +12
Package/Pins SOIC (N) HYBRID/14
Budgetary
Price (See Notes)
4.37
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Controller Area Network (CAN) Transceivers
VSUPPLY (V) 5
Fault Protect. (±V) 80
ICC (Dominant Mode) (mA) (max) 80
ICC (Recessive Mode) (mA) (typ) 6
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 1.8 (Standby Mode)
ESD Protect. (±kV) 12
Common Mode Range (V) -7 to +12
Package/Pins SOIC (N) HYBRID/14
Budgetary
Price (See Notes)
4.37

主な特長

  • Philips社のTJA1041Aと機能的に互換でピンコンパチブル
  • CANH、CANLに±12kVのHBM ESD保護
  • CANH、CANL、SPLITに±80Vのフォルト保護。VBATで最大+76Vの動作
  • ISO11898規格に完全準拠
  • スタンバイモードとスリープモードで低VBAT消費電流(18µA typ)
  • 電圧レベル変換して、+2.8V~+5.5VのCANプロトコルコントローラとインタフェース
  • リセッシブバスの安定化(SPLIT)
  • 大規模ネットワークの構築が可能

アプリケーション/用途

  • +12V車載クランプ30モジュール
  • +24V中量トラッククランプ30モジュール
  • +42V車載クランプ30モジュール
  • 軍用および商用航空機

説明

±80Vフォルト保護、高速コントローラエリアネットワーク(CAN)トランシーバのMAX13041は、高い信頼性と高度なパワーマネージメントが要求される車載用高速ネットワークアプリケーションに最適です。このデバイスは、CANプロトコルコントローラをコントローラエリアネットワークの物理バス回線にリンクさせ、最高1Mbpsの速度の通信を実現します。

CANバスラインの±80Vの拡張フォルト保護された電圧範囲によって、デバイスは、+12Vまたは+42Vの自動車用アプリケーション、および高電圧の+24Vおよび+36Vの中量トラックアプリケーションで使用することができます。高度なパワーマネージメント機能によって、MAX13041は車載用電子制御ユニット(ECU)モジュールに最適で、イグニションスイッチ位置(クランプ30、タイプAモジュール)に関係なく、バッテリから永久に給電されます。このデバイスは、1つまたは複数の外付け電圧レギュレータを制御し、クランプ30ノード全体に低電力スリープモードを提供します。Wake on CAN機能によって、MAX13041はCANバスアクティビティを検出すると電源をノードに戻すことができます。

MAX13041は、Philips社のTJA1041Aと機能的にコンパチブルで、性能が改善されたピン互換です。MAX13041は、14ピンSOパッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX13041:標準動作回路 MAX13041:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。