トランシーバ

トランシーバは、様々な通信およびシリアルバスインタフェース規格向けの物理層プロトコルを実装しています。マキシムのトランシーバは、幅広い機能を内蔵 することで、市場での最高レベルの保護を提供し、そして信頼性を高め設計を簡素化します。以下のリンクをクリックして、各トランシーバ製品ラインについて の詳細をご覧ください。

主要パラメータ別 

参照:

注目製品



MAX33072E
+3V to +5.5V, Polarity Invert RS-485 Half-Duplex Transceiver with ±65V Fault Protection, ±40V CMR, and ±40kV ESD

  • Integrated Protection for Robust Communication
  • High-Performance Transceiver Enables Flexible Designs

MAX33073E
+3V to +5.5V, Polarity Invert RS-485 Half-Duplex Transceiver with ±65V Fault Protection, ±40V CMR, and ±40kV ESD

  • Integrated Protection for Robust Communication
  • High-Performance Transceiver Enables Flexible Designs

MAX22088
ホームバスシステム(HBS)対応トランシーバ

  • 高集積によって部品数および実装面積を削減
  • 設定自由度によって柔軟な設計を実現
  • 内部保護によって堅牢な通信を実現

MAX14829
低電力IO-Linkデバイストランシーバ、デュアルドライバ内蔵

  • 低消費電力によって小型センサーのサーマルフットプリントを削減
  • 設定自由度と集積によってSKU (在庫)を削減
  • 選択可能なドライバ内蔵保護によって堅牢な通信を実現