先頭に戻る

±15kV ESD保護、シングル/デュアル/オクタル(8回路)、CMOSスイッチデバウンサ

業界初、±15kV ESD保護および±25Vフォルト耐性を備えたSOTスイッチデバウンサ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Pushbutton Debouncers, On/Off Controllers and Battery Freshness Seals
# Switch Inputs 1
Edge Triggered Both Edges
Debounce Duration (ms) 15 to 85
Output Polarity Active High
Output Type Push-Pull
Switch Inputs (±V) (max) ±25
ESD Protect. (±kV) 15
ICC (µA) (max) 20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/4
Budgetary
Price (See Notes)
1.7
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Pushbutton Debouncers, On/Off Controllers and Battery Freshness Seals
# Switch Inputs 1
Edge Triggered Both Edges
Debounce Duration (ms) 15 to 85
Output Polarity Active High
Output Type Push-Pull
Switch Inputs (±V) (max) ±25
ESD Protect. (±kV) 15
ICC (µA) (max) 20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/4
Budgetary
Price (See Notes)
1.7

主な特長

  • スイッチデバウンサの集積化によってメカニカルスイッチとのシステムインタフェースを簡素化
    • 単一電源動作:+2.7V~+5.5V
    • 外付け部品不要
    • シングル(MAX6816)、デュアル(MAX6817)、およびオクタル(MAX6818)バージョンを提供
    • 消費電流:6µA
  • 内蔵保護回路によってシステムの信頼性を向上
    • 入力は最大±25Vで電源を上回ることが可能
    • 入力端子のESD保護
      • ±15kVヒューマンボディモデル
      • ±8kV IEC 1000-4-2接触放電
      • ±15kV IEC 1000-4-2エアギャップ放電
  • ダイレクトデータバスインタフェースを提供するオクタルバージョン(MAX6818)
    • 3ステート出力によってマイクロプロセッサ(µP)と直接インタフェース可能(MAX6818)
    • スイッチのステート変化出力によってポーリングおよび割込みを簡素化(MAX6818)
    • LS573とピンコンパチブル(MAX6818)

アプリケーション/用途

  • µPスイッチインタフェース
  • 産業用機器
  • 膜キーパッド
  • PCベースの機器
  • ポータブル計測機器

説明

MAX6816/MAX6817/MAX6818はシングル/デュアル/オクタルのスイッチデバウンサで、メカニカル・スイッチをディジタル・システムに用いる場合にメカニカル・スイッチ波形をクリーンにするインタフェースです。メカニカルスイッチから1回または複数回のバウンスがあり、これらデバウンサはあらかじめ設定した短い確認時間後に、クリーンなディジタル出力を発生させます。スイッチオープニングバウンス、およびスイッチクロージングバウンスの両方を除去します。これらスイッチ入力は±25Vのレベルに対応し、厳しい産業環境でも使用できるように、±15kV ESD保護されています。+2.7V~+5.5Vの単一電源で動作し、低電圧ロックアウト回路により、パワーアップ時には正しいステートを出力できます。

MAX6816 (シングル)およびMAX6817 (デュアル)は、SOTパッケージで提供されています。また外付け部品は不要です。電源電流が低いため、ポータブル機器などに最適です。

オクタルスイッチデバウンサのMAX6818は、データバスインタフェース用に設計されています。MAX6818はスイッチを監視し、スイッチのステート変化を出力(アクティブローCH)するため、マイクロプロセッサ(µP)のポーリングや割り込みが簡単に行えます。さらにMAX6818ではイネーブル(アクティブローEN)端子で3ステート出力を制御します。またオクタルラッチLS573とピンコンパチブル(アクティブローCH端子を除く)なため、ディジタルデータバスに容易にインタフェースできます。

簡易ブロック図

MAX6816、MAX6817、MAX6818:標準動作回路 MAX6816、MAX6817、MAX6818:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。