MAX20091

35チャネルコンタクトモニタ

1つのマイクロコントローラで35の車載スイッチの状態を監視


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX20091は、車載アプリケーション向けの35チャネル車載コンタクトモニタです。10のコンタクトモニタ入力をグランドまたはバッテリ接続スイッチとともに使用することが可能で、その他の25の入力はグランド接続スイッチ用です。

このICは、5.5V~28Vの電圧範囲で動作し、最大42Vまでの電圧に耐えます。このICは、低電圧回路を高電圧およびバッテリ逆接続状態から保護します。すべての動作条件下における低電流動作によって、このICは車載バッテリに直接接続された電子制御ユニット(ECU)での使用に最適です。このICは、調整可能なスキャンモードを備えており、ポーリング機能を維持しながらキーオフ時の消費電流を低減します。

このICは、SPIインタフェースを備え、スイッチの状態を監視しデバイス構成を設定します。割込み出力によって、このデバイスはスイッチ状態の変更が検出されるとローカルマイクロコントローラをウェイクアップさせることができます。また、スイッチ状態の変更によって内蔵レギュレータもオンにされます。

MAX20091は、小型48ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

MAX20091:ファンクションダイアグラム MAX20091:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • スイッチ監視機能用の複数のマイクロプロセッサを排除することによってコストを削減
    • 設定可能なウェッティング電流によってスイッチ性能を向上
    • SPIインタフェースによる制御/読取り
    • ヒステリシスおよびデグリッチ内蔵
    • プロセッサへの割込み出力
  • 高チャネル数によって必要なPCB面積を削減
  • 超低動作電流によって12Vバッテリからの消費電流を最小限に抑えてキーオフ状態でのスキャンが可能
    • 超低動作電流(ポーリングモード時):88µA (typ)
  • 堅牢なスイッチ入力によって外付けの保護部品が不要
    • 動作電圧範囲:5.5V~28V
    • スイッチ入力耐性:42Vおよびバッテリ逆接続
    • ISO 10605のIN0-34 ESD性能(インサーキット):±10kV接触

アプリケーション/用途

  • 車載ボディコンピュータ
  • ドアモジュール
  • スマートジャンクションボックス
Part NumberFunctionsSwitch InputsSwitch Input Threshold
(V)
Switch Input Threshold Hysteresis
(V)
Output PolarityESD Protect.
(±kV)
VSUPPLY
(V)
VSUPPLY
(V)
ICC
(µA)
Package/Pins
minmaxmax
MAX20091 Contact Monitor
8
24
35
1.8 to 4.30.2Active Low107.528130
TQFN-CU/48
全Switch/Contact Monitors (4)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX20091 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX20091ATM/V+
  • MAX20091ATM/V+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース