MAX13202E

2/4/6/8チャネル±30kV ESD保護、µDFNパッケージ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX13202E/MAX13204E/MAX13206E/MAX13208Eは低容量の±30kV ESD保護ダイオードアレイであり、通信回線に接続された敏感なエレクトロニクスを保護するように設計されています。各チャネルは、ESD電流パルスをVCCまたはGNDに流す一対のダイオードから構成されています。

MAX13202E/MAX13204E/MAX13206E/MAX13208Eは、IEC 61000-4-2に規定されているように最大±15kVのヒューマンボディモデル(HBM)および±30kVのエアギャップ放電のESDパルスに対して保護されます。これらのデバイスはチャネル当り6pFのオン容量を持つため、高速データI/Oインタフェースでの使用に最適です。

MAX13204Eは、EthernetおよびFireWire®アプリケーション用に設計されたクワッドESD構成です。MAX13202E/MAX13206E/MAX13208Eは2チャネル、6チャネル、および8チャネルデバイスです。これらのデバイスは、携帯電話コネクタおよびSVGAビデオ接続用に設計されています。

これらのデバイスは6ピン、8ピン、および10ピンµDFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用動作温度範囲での動作が保証されています。
MAX13202E、MAX13204E、MAX13206E、MAX13208E:標準動作回路 MAX13202E、MAX13204E、MAX13206E、MAX13208E:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 高速データラインのESD保護
    • ±15kVのヒューマンボディモデル
    • ±30kVのIEC 61000-4-2準拠のエアギャップ放電
  • 小型µDFNパッケージ
    • MAX13202E (1mm x 1.5mm)
    • MAX13204E (2mm x 2mm)
    • MAX13206E (2mm x 2mm)
    • MAX13208E (2mm x 2mm)
  • 小さい入力容量:6pF
  • 小さいリーク電流:1nA (max)
  • 電源電圧範囲:+0.9V~+16V

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • イーサネット
  • FireWire®
  • PDA
  • USB
  • USB 2.0
  • ビデオ
Part NumberProtection MethodChannelsC
(pF)
VSUPPLY
(V)
Package/PinsBudgetary
Price
See Notes
MAX13202E Diodes to Ground and VCC260.9 to 16.0
UDFN/6
$0.74 @1k
MAX13204E 4
UDFN/6
$0.74 @1k
MAX13206E 6
UDFN/8
$0.95 @1k
MAX13208E 8
UDFN/10
$1.39 @1k
全ESD Protection Diode Arrays (13)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

技術資料

チュートリアル 4691 補聴器の紹介と設計上の重要な検討事項

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX13202E.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX13202EALT+
  • MAX13202EALT+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID PDF タイトル
    チュートリアル 4691 補聴器の紹介と設計上の重要な検討事項