信号ライン保護IC

クロストーク、電磁干渉(EMI)、および静電気放電(ESD)は、入力回路を破壊する電圧スパイクを引き起こす可能性があります。信号ライン保護回路は、ESDイベントを含む、過電圧イベントをクランプすることによって耐電圧を大幅に向上させることができます。

関連情報:
電源保護と制御

注目製品


リソース