先頭に戻る

可変プリエンファシスドライバ内蔵、イコライザレシーバ

超小型BOM SFP+ケーブルアセンブリを可能にする高集積トランシーバ

製品の詳細

PHY2210は、アクティブ銅ケーブルアセンブリでの使用のために設計された完全集積トランシーバです。このデバイスは、送信側で容易に調整可能なプリエンファシスドライバを備えており、レシーバは最大10.5Gbpsのデータレートで銅ケーブル用にイコライズするように最適化されています。デバイスの初期化および制御は、小さなEEPROMを使って提供することができ、低コストのケーブルアセンブリの実現が可能です。

低消費電力で5mm x 5mmのQFNパッケージの使用によって、SFP+準拠のアクティブ銅アセンブリが可能です。このデバイスは、Twinax銅ケーブルの10G伝送距離を最大15mまで伸ばします。

主な機能

  • マルチレートサポート:1Gbps~10.5Gbps
  • 1x、2x、4x、8x FC、10G Ethernet、10Gファイバチャネルをサポート
  • 超低電力消費IC:500mW
  • 設定可能なCML振幅出力を備えたリミティングアンプ内蔵
  • ロスオブシグナル(LOS)および送信ディセーブル機能
  • 3.3Vの単一電源、-40℃~+85℃の動作温度
  • SFF 8472をサポート
  • 24AWG Twinax銅ケーブルでの到達距離:15m (10Gの場合)、20m (6.25Gの場合)

アプリケーション/用途

  • イーサネット1G、10G
  • ファイバチャネル1G、2G、4G、8G
  • SFP+アクティブ銅ケーブル

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • マルチレートサポート:1Gbps~10.5Gbps
  • 1x、2x、4x、8x FC、10G Ethernet、10Gファイバチャネルをサポート
  • 超低電力消費IC:500mW
  • 設定可能なCML振幅出力を備えたリミティングアンプ内蔵
  • ロスオブシグナル(LOS)および送信ディセーブル機能
  • 3.3Vの単一電源、-40℃~+85℃の動作温度
  • SFF 8472をサポート
  • 24AWG Twinax銅ケーブルでの到達距離:15m (10Gの場合)、20m (6.25Gの場合)

アプリケーション/用途

  • イーサネット1G、10G
  • ファイバチャネル1G、2G、4G、8G
  • SFP+アクティブ銅ケーブル

説明

PHY2210は、アクティブ銅ケーブルアセンブリでの使用のために設計された完全集積トランシーバです。このデバイスは、送信側で容易に調整可能なプリエンファシスドライバを備えており、レシーバは最大10.5Gbpsのデータレートで銅ケーブル用にイコライズするように最適化されています。デバイスの初期化および制御は、小さなEEPROMを使って提供することができ、低コストのケーブルアセンブリの実現が可能です。

低消費電力で5mm x 5mmのQFNパッケージの使用によって、SFP+準拠のアクティブ銅アセンブリが可能です。このデバイスは、Twinax銅ケーブルの10G伝送距離を最大15mまで伸ばします。

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。