先頭に戻る

プリエンファシス内蔵、バックプレーンおよびケーブルアクティブイコライザおよびリタイミングドライバ

レガシーチャネル用高性能イコライザ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 低レイテンシ:15ns
  • 10Gイーサネット用に最適化
  • PRBSおよびBERT内蔵
  • ロスオブシグナル(LOS)およびロスオブロック(LOL)アラーム
  • BER曲線アイモニタ
  • 選択可能な2線式またはSPIマイクロコントローラインタフェース
  • 小型実装面積、5mm x 5mm、フリップチップの36ピンBGAパッケージ(0.8mmボールピッチ)
  • ツインペアシリアル銅ケーブルで最大20m
  • 単一のICを送信または受信に使用

アプリケーション/用途

  • ホストに設置時の10GBASE-SR
  • XFPコネクタ内10Gbpsアクティブカッパーケーブル
  • ホストに設置時の10Gbpsパッシブケーブル
  • 銅バックプレーン

説明

PHY1066は、10Gbpsアクティブ銅ケーブルおよびバックプレーンアプリケーション用に設計された設定可能なプリエンファシスを備えたアクティブイコライザおよびリタイミングドライバです。この低レイテンシICは、遅延クリティカルアプリケーション用にも最適で、小型BGAパッケージはXFP MSAコネクタ内部に収まります。

このデバイスは、自動的にイコライズし、温度変化やケーブルの移動に関係なく、その周囲環境に合わせて自己最適化します。このデバイスは、最大20mまでの24AWG Twinaxケーブル銅ケーブルで試験済みですが、最大10mまでの30AWGでも使用可能です。

ロスオブシグナル(LOS)およびロスオブロック(LOL)アラームによって、追加の監視がホストコントロールに提供されます。PHY1066へのアクセスは、選択可能な2線式またはSPI™マイクロコントローラインタフェースを介して行います。内蔵PRBSおよびBERTは、セットアップおよびテストルーチンの一部として集積することができますが、ラボでも使用することができます。

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。