先頭に戻る

SATA I/SATA II双方向リドライバ

長いケーブルおよびコネクタを通して、SATA Gen IIIデータレートにシステムを対応させる、デュアルチャネルバッファ

製品の詳細

デュアルチャネルバッファのMAX4951は、シリアルATA (SATA) IおよびSATA II信号を再駆動するように設計され、次世代データレート用として最大6.0Gbpsまで機能します。MAX4951は、eSATAコネクタの近くに配置し、ボード損失を小さくしてeSATA対応の信号レベルを生成することができます。

MAX4951は、完全出力レベルを再確立して、レシーバ側の信号完全性を維持し、信号を補償することによって全体のシステムジッタ(TJ)を低減することができます。このデバイスは、より長いトレース長でSATA出力を駆動するか、またはeSATA仕様を満たすために、チャネル別ディジタルブースト制御を備えています。SATA帯域外(OOB)信号は、入力側での高速振幅検出、および対応する出力側でのスケルチの使用によってサポートされています。入力と出力はすべて、50Ωで内部終端され、SATAコントローラICとSATA機器にAC結合する必要があります。

MAX4951は、+3.3V (typ)の単一電源で動作し、レイアウトが容易なフロースルートレースの小型、4mm x 4mmのTQFNパッケージで提供されます。このデバイスは、0℃~+70℃の動作温度範囲が保証されています。

主な機能

  • 単一電源動作:+3.3V (typ)
  • SATA I (1.5Gbps)およびSATA II (3.0Gbps)をサポート
  • 次世代アプリケーション用に最大6.0Gbpsをサポート
  • SATA I、SATA II入力/出力リターンロスマスクに適合
  • eSATAレベルをサポート
  • SATA帯域外(OOB)信号をサポート
  • 入力/出力50Ω終端抵抗を内蔵
  • フロースルーレイアウト用インライン信号トレース
  • 全ピンでESD保護:±5.5kV
  • 省スペース、4mm x 4mmのTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • データストレージ/ワークステーション
  • デスクトップコンピュータ
  • ドッキングステーション
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
Parametric specs for Repeaters and Buffers (SAS, SATA, PCIe, USB)
Functions Re-Driver
Interface SATA
Data Rate (Mbps) (max) 3000
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 70
# Channels 2
Package/Pins TQFN/20
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
$3.02 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX4951:標準アプリケーション回路 MAX4951:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート SATA I/SATA II双方向リドライバ May 29, 2009
アプリケーションノート Measurement Methodology eSATA
アプリケーションノート アナログスイッチに関するFAQ

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX4951 マクロモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Repeaters and Buffers (SAS, SATA, PCIe, USB)
Functions Re-Driver
Interface SATA
Data Rate (Mbps) (max) 3000
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 70
# Channels 2
Package/Pins TQFN/20
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
$3.02 @1k

主な機能

  • 単一電源動作:+3.3V (typ)
  • SATA I (1.5Gbps)およびSATA II (3.0Gbps)をサポート
  • 次世代アプリケーション用に最大6.0Gbpsをサポート
  • SATA I、SATA II入力/出力リターンロスマスクに適合
  • eSATAレベルをサポート
  • SATA帯域外(OOB)信号をサポート
  • 入力/出力50Ω終端抵抗を内蔵
  • フロースルーレイアウト用インライン信号トレース
  • 全ピンでESD保護:±5.5kV
  • 省スペース、4mm x 4mmのTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • データストレージ/ワークステーション
  • デスクトップコンピュータ
  • ドッキングステーション
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ

説明

デュアルチャネルバッファのMAX4951は、シリアルATA (SATA) IおよびSATA II信号を再駆動するように設計され、次世代データレート用として最大6.0Gbpsまで機能します。MAX4951は、eSATAコネクタの近くに配置し、ボード損失を小さくしてeSATA対応の信号レベルを生成することができます。

MAX4951は、完全出力レベルを再確立して、レシーバ側の信号完全性を維持し、信号を補償することによって全体のシステムジッタ(TJ)を低減することができます。このデバイスは、より長いトレース長でSATA出力を駆動するか、またはeSATA仕様を満たすために、チャネル別ディジタルブースト制御を備えています。SATA帯域外(OOB)信号は、入力側での高速振幅検出、および対応する出力側でのスケルチの使用によってサポートされています。入力と出力はすべて、50Ωで内部終端され、SATAコントローラICとSATA機器にAC結合する必要があります。

MAX4951は、+3.3V (typ)の単一電源で動作し、レイアウトが容易なフロースルートレースの小型、4mm x 4mmのTQFNパッケージで提供されます。このデバイスは、0℃~+70℃の動作温度範囲が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX4951:標準アプリケーション回路 MAX4951:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート SATA I/SATA II双方向リドライバ May 29, 2009
アプリケーションノート Measurement Methodology eSATA
アプリケーションノート アナログスイッチに関するFAQ

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。