MAX3986

1Gbps~10.3Gbpsリニアイコライザ

判定帰還イコライザとの併用が可能なスタンドアロンイコライザ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3986は、FR-4ストリップラインと2芯同軸ケーブルで発生する損失を補償する最大10.3Gbpsでの使用に最適化された4チャネル低電力リニアイコライザです。このリニアイコライザは、完全な信号再生成ではなくマージンの増加が必要なASICやその他のアプリケーションに内蔵される判定帰還イコライザ(DFE)とともに使用するように設計されています。チャネルが反射やクロストークによって劣化しないと仮定した場合、DFEは通常、ビットレートの半分の周波数で20dBのチャネル損失を処理します。MAX3986の拡張された線形領域では、最適なDFEの性能に必要な基本的な信号特性が維持されます。MAX3986のアナログイコライゼーションは、DFEの効果を増大させます。これによって、環境および製造バリエーションを許容し、伝送ラインの長さを拡張するマージンが増加します。MAX3986は、3.3Vの単一電源で動作し、鉛フリー、5mm x 7mmのTQFNパッケージで提供されます。
MAX3986:標準アプリケーション回路 MAX3986:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 判定帰還イコライザのマージンを増加
  • OOB信号と互換
  • 伝送ラインの長さを拡張
  • コーディングに無関係、8b/10bまたはスクランブル対応
  • 4チャネル(デバイス当り)
  • アナログイコライゼーション
  • 5.15GHzで18dB以下のリターンロス
  • 消費電流:33mA (チャネル当り)
  • 単一電源:3.3V
  • 鉛フリー、5mm x 7mmのTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 6Gbps SAS
  • 8.5Gbpsファイバチャネル
  • アクティブ銅線ケーブルアセンブリ
  • DDR、6.25Gbps IEEE 802.3ae XAUI
  • 高速バックプレーン
  • OIF-CEI-6G
  • QDR、10.0Gbps InfiniBandSM
  • シリアル10.3Gbpsイーサネット

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3986.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード6249MAX3986EVKIT MAX3986の評価キット