先頭に戻る

15Gbpsクワッドリニアイコライザ

15Gbpsまでチャネルの信号到達範囲を拡張しつつ、コスト、スペース、および電力を節約

製品の詳細

MAX24104は、高損失のバックプレーンおよびケーブルチャネル用の判定帰還イコライザ(DFE)レシーバにおける高周波数信号レベルを復元します。これによって、DFEレシーバはBER (ビットエラーレート)目標を満たすことができます。15Gbpsの場合、MAX24104は30dB (7.5GHz時)以下のFR4およびケーブルHF損失のチャネルで動作することができます。リニア伝達関数は、適応型DFEイコライザにトランスペアレントなため、温度を追跡してチャネル状態を変更するためのDFE適応が可能です。

このデバイスは、シリアライザ/デシリアライザ(SERDES)に内蔵されたDFEとともに、完全な信号の再生成ではなく、マージンの増大を追加します。リミティング出力段を備えた従来のイコライザと異なり、このデバイスはリニアチャネル特性を維持するため、DFEはチャネル全体でリニアに動作することができます。これによって、チャネル範囲の拡張および/または信号対ノイズ比(SN比)の向上が可能です。このデバイスは通常、長いチャネルで最大19dBの総損失を補償し、DFEレシーバに見られるチャネル長を効果的に短くします。

このデバイスは4つのチャネルを備え、省スペースのFCLGAパッケージ(4mm x 6.5mm)で提供されます。

主な機能

  • 低消費電力によって動作コストを削減
    • 単一電源:2.5V
    • チャネル当り131mW (typ、700mVP-P出力時)
    • CDRソリューションより低電力、低コスト、および小型基板実装面積
  • リニアな性能によってシステムの柔軟性が向上
    • リニアイコライゼーション:1Gbps~15Gbps
    • 高周波信号レベルの増加によってRx DFEのBER目標を実現
    • 選択可能な出力リニア振幅範囲:700mVP-P~1000mVP-P
    • 入力リターンロス:16dB以下(最大7.5GHz時)
  • 調整可能な機能によって柔軟性が向上
    • 選択可能なEQピーク範囲:+6dB~+19dB (7.5GHz時)
    • 選択可能な平坦利得範囲:-2.9dB~+1.7dB
  • 高集積によって設計の柔軟性が向上
    • I2Cデイジーチェーンによって最大63のICをアドレス指定
    • プラグアンドプレイ:制御端子による設定(全チャネル同一の設定)またはI2Cバスから各チャネルを個別制御
    • リンクトレーニング、OOB、およびアイドルに対して透過的、データレートおよび符号化方式に無関係
    • FCLGAパッケージ(4mm x 6.5mm)

アプリケーション/用途

  • 12.5GbpsクワッドXAUI相互接続
  • 12Gbps SAS III
  • 14Gbps 16Gファイバチャネル
  • 1Gbps~15Gbps高速バックプレーンおよびケーブル

簡略化されたブロック図

MAX24104:標準アプリケーション回路 MAX24104:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート 15Gbpsクワッドリニアイコライザ Apr 15, 2015

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 低消費電力によって動作コストを削減
    • 単一電源:2.5V
    • チャネル当り131mW (typ、700mVP-P出力時)
    • CDRソリューションより低電力、低コスト、および小型基板実装面積
  • リニアな性能によってシステムの柔軟性が向上
    • リニアイコライゼーション:1Gbps~15Gbps
    • 高周波信号レベルの増加によってRx DFEのBER目標を実現
    • 選択可能な出力リニア振幅範囲:700mVP-P~1000mVP-P
    • 入力リターンロス:16dB以下(最大7.5GHz時)
  • 調整可能な機能によって柔軟性が向上
    • 選択可能なEQピーク範囲:+6dB~+19dB (7.5GHz時)
    • 選択可能な平坦利得範囲:-2.9dB~+1.7dB
  • 高集積によって設計の柔軟性が向上
    • I2Cデイジーチェーンによって最大63のICをアドレス指定
    • プラグアンドプレイ:制御端子による設定(全チャネル同一の設定)またはI2Cバスから各チャネルを個別制御
    • リンクトレーニング、OOB、およびアイドルに対して透過的、データレートおよび符号化方式に無関係
    • FCLGAパッケージ(4mm x 6.5mm)

アプリケーション/用途

  • 12.5GbpsクワッドXAUI相互接続
  • 12Gbps SAS III
  • 14Gbps 16Gファイバチャネル
  • 1Gbps~15Gbps高速バックプレーンおよびケーブル

説明

MAX24104は、高損失のバックプレーンおよびケーブルチャネル用の判定帰還イコライザ(DFE)レシーバにおける高周波数信号レベルを復元します。これによって、DFEレシーバはBER (ビットエラーレート)目標を満たすことができます。15Gbpsの場合、MAX24104は30dB (7.5GHz時)以下のFR4およびケーブルHF損失のチャネルで動作することができます。リニア伝達関数は、適応型DFEイコライザにトランスペアレントなため、温度を追跡してチャネル状態を変更するためのDFE適応が可能です。

このデバイスは、シリアライザ/デシリアライザ(SERDES)に内蔵されたDFEとともに、完全な信号の再生成ではなく、マージンの増大を追加します。リミティング出力段を備えた従来のイコライザと異なり、このデバイスはリニアチャネル特性を維持するため、DFEはチャネル全体でリニアに動作することができます。これによって、チャネル範囲の拡張および/または信号対ノイズ比(SN比)の向上が可能です。このデバイスは通常、長いチャネルで最大19dBの総損失を補償し、DFEレシーバに見られるチャネル長を効果的に短くします。

このデバイスは4つのチャネルを備え、省スペースのFCLGAパッケージ(4mm x 6.5mm)で提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX24104:標準アプリケーション回路 MAX24104:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート 15Gbpsクワッドリニアイコライザ Apr 15, 2015

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。