先頭に戻る

オクタル(8回路)産業用デジタル入力、診断機能内蔵

業界最小、堅牢、オクタル(8回路)デジタル入力

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Digital I/O
Digital Input/Output Digital Input
Interface Type SPI
# Channels 8
VSUPPLY (V) (min) 7
VSUPPLY (V) (max) 65
ISUPPLY (µA) (typ) 0.6
Digital Input Type Type 1
Type 2
Type 3
Min. Detectable Field Input Pulse Width (µs) 3
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.34
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Digital I/O
Digital Input/Output Digital Input
Interface Type SPI
# Channels 8
VSUPPLY (V) (min) 7
VSUPPLY (V) (max) 65
ISUPPLY (µA) (typ) 0.6
Digital Input Type Type 1
Type 2
Type 3
Min. Detectable Field Input Pulse Width (µs) 3
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.34

主な特長

  • 高集積によってBOM数と基板スペースを削減
    • シリアライザを備えた8つの入力チャネル
    • フィールド電源(7V~65V)から直接動作
    • 3.3Vまたは5Vロジック対応
    • TQFNパッケージ(5mm × 5mm)
  • 電力消費および発熱の削減
    • 高精度入力電流制限
    • フィールド側エネルギーレスLEDドライバ
  • 内蔵診断機能による耐障害性
    • 最大±40Vの入力保護、低入力リーク電流
    • 断線検出
    • フィールド電源電圧モニタ内蔵
    • 過熱モニタ内蔵
    • 5ビットCRCコード生成および送信によるエラー検出
  • 設定の自由度によって広範囲のアプリケーションを実現
    • 設定可能なIEC 61131-2 Type 1、2、3入力
    • 設定可能な入力電流制限:0.5mA~3.4mA
    • 選択可能な入力デバウンスフィルタ
  • 堅牢な設計
    • ±8kV接触ESDおよび±15kV気中ESD (1kΩ (min)の抵抗を使用)
    • ±1kVサージ耐性 (1kΩ (min)の抵抗を使用)
    • 周囲動作温度:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • ビルオートメーション
  • 産業用オートメーション
  • プロセスオートメーション
  • プログラマブルロジックコントローラ

説明

MAX22190はIEC 61131-2に準拠した産業用デジタル入力デバイスです。MAX22190は8つの、24V電流シンク、産業用入力を、3V~5.5VロジックとインタフェースするシリアライズされたSPI対応出力に変換します。電流設定抵抗によって、MAX22190をType 1、Type 2、またはType 3入力に設定することができます。各入力の第2のスレッショルド検出器によって、フィールド配線の近接スイッチの確認が行われます。断線検出がイネーブルされている場合、入力電流が20ms以上にわたって断線スレッショルドを下回るとアクティブローFAULT出力がアサートされレジスタフラグがセットされます。アクティブローFAULT端子をアサートするその他の診断には、過熱、低24Vフィールド電源、24Vフィールド電源喪失、CRC通信エラーなどがあります。

産業環境での堅牢な動作のために、各入力は設定可能なグリッチフィルタを内蔵しています。各チャネルのフィルタ遅延は、50µs~20ms の範囲の8つの値の1つに個別に、またはフィルタバイパスに設定可能です。

MAX22190は4ピンSPIインタフェースを備え、さらにアクティブローLATCH入力を使用してパラレル接続の複数デバイスにわたる入力データを同期化します。

MAX22190のフィールド側は、VDD24端子への7V~65Vの単一電源を許容します。フィールド電源によって給電される場合、MAX22190は内蔵LDOレギュレータから3.3V出力を生成します。このレギュレータはMAX22190への給電に加えて外部負荷に最大25mAの電流を供給可能です。あるいは、VDD端子に接続した3.0V~5.5Vのロジック側電源からMAX22190に給電することも可能です。柔軟性を高めるために、SPIインタフェースはVL端子による制御に従って3.3Vまたは5Vロジックレベルで動作します。

デザインソリューション:Industrial Digital Inputs: They’re Not Quite as Simple as Counting from 0 to 1 ›

簡易ブロック図

MAX22190:ファンクション/ブロックダイアグラム MAX22190:ファンクション/ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。