MAX31915

産業用、オクタル(8回路)、デジタル入力トランスレータ

業界で最も低電力のオクタル(8回路)産業用デジタル入力トランスレータ/ターミネータ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX31915は、産業、プロセス、およびビルオートメーションで使用されるセンサーおよびスイッチの24Vデジタル出力から、マイクロコントローラが必要とする5V CMOS互換信号への変換および調整を行います。このデバイスは、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)デジタル入力モジュールのフロントエンドインタフェース回路を提供します。

信号電圧変換は、入力電流制限およびローパスフィルタとの組合せで行われます。入力電流制限によって、従来のディスクリート部品による抵抗分圧器の実装と比較して、フィールド電圧源から消費される電力の大幅な削減が可能になります。

選択可能な内蔵ローパスフィルタによって、アプリケーションに基づく柔軟なセンサー入力のデバウンスおよびフィルタ処理が可能です。いずれのフィルタ処理も選択されていない場合、ICはそのフィールド入力で最短0.75µsのパルスを検出することができます。

8つの全入力チャネルはCMOSロジックレベルに変換され、8つの出力端子に並列で出力されるため、コントローラASICまたはマイクロコントローラとの直接またはガルバニック絶縁されたインタフェースが可能です。

内蔵の5V電圧レギュレータを使用して、外付けフォトカプラ、デジタルアイソレータ、またはその他の外部5V回路に給電することができます。

超低電力アプリケーション向け、および発熱を可能な限り低く抑えるために、マキシム・インテグレーテッドはこのデバイスのピンコンパチブルバージョンであるMAX31914を提供する予定です。MAX31914は、特許出願中の回路技術を使用して、入力電流制限のみで可能なものを超えたさらなる省電力化を実現します。出荷時期については、お問い合わせください。
MAX31915:標準アプリケーション回路 MAX31915:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 柔軟な電源オプションによって、24V、12V、および5V電源システムで使用可能
    • 広い動作フィールド電源範囲:7V~36V
    • オプションで5V電源を使用するロジック側からデバイスへの給電が可能
  • 低電力および低発熱
    • 超低自己消費電流
    • 非常に高い精度と安定性を備えた入力電流制限
  • 高い設定自由度によって、広範囲の標準およびカスタムアプリケーションを実現
    • 設定可能な入力:IEC 61131-2入力タイプ1、2、および3または標準CMOSロジックレベル
    • 設定可能な入力電流制限:0.5mA~6mA
    • 選択可能な入力フィルタおよびデバウンス:0、25µs、0.75ms、および3msの設定
  • 高集積によってBOM数および基板スペースを削減
    • 8つの高電圧入力チャネル:36V (max)
    • 8つのCMOSロジック出力によって全入力状態のコントローラへの高速同時伝送が可能
    • 5Vレギュレータ内蔵
    • 過熱インジケータ内蔵
    • フィールド電源電圧モニタ内蔵
    • すべてのフィールド入力端子で高いHBM ESD耐性:15kV HBM

アプリケーション/用途

  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)用デジタル入力モジュール
  • 産業オートメーション、ビルオートメーション
  • プロセスオートメーション

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX31915.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード8702MAX31914EVKIT MAX31914およびMAX31915の評価キット
評価ボード8702MAX31915EVKIT MAX31914およびMAX31915の評価キット