先頭に戻る

冷接点補償付き熱電対-デジタルコンバータ

設計を簡素化しシステムコストを抑える高精度熱電対-デジタルコンバータIC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高集積によって設計時間を短縮しシステムコストを削減
    • コンバータ分解能:14ビット (0.25℃)
    • 冷接点補償内蔵
    • 大部分の一般的な熱電対タイプのバージョンが入手可能:K、J、N、T、S、R、およびEタイプ
    • 熱電対のGNDまたはVCCへの短絡検出
    • 熱電対のオープン検出
  • 大部分のマイクロコントローラとインタフェース
    • 簡易なSPI対応インタフェース(読取り専用)

アプリケーション/用途

  • 電気器具
  • 車載用
  • HVAC
  • 産業用

説明

MAX31855は、冷接点補償を実行し、K、J、N、T、S、R、またはEタイプ熱電対からの信号をデジタル化します。データは、符号付き14ビット、SPI対応の読取り専用形式で出力されます。このコンバータは、温度を0.25℃まで分解するため、最高+1800℃と最低-270℃の読取りが可能となり、Kタイプ熱電対の場合-200℃~+700℃の温度範囲で±2℃の熱電対精度を示します。フルレンジ精度とその他の熱電対タイプについては、フルデータシートの「Thermal Characteristics (熱特性)」の仕様を参照してください。

FAQ (よく聞かれる質問):MAX31855

簡易ブロック図

MAX31855:標準アプリケーション回路 MAX31855:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。