先頭に戻る

冷接点補償付き熱電対-デジタルコンバータ

設計を簡素化しシステムコストを抑える高精度熱電対-デジタルコンバータIC

製品の詳細

MAX31855は、冷接点補償を実行し、K、J、N、T、S、R、またはEタイプ熱電対からの信号をデジタル化します。データは、符号付き14ビット、SPI対応の読取り専用形式で出力されます。このコンバータは、温度を0.25℃まで分解するため、最高+1800℃と最低-270℃の読取りが可能となり、Kタイプ熱電対の場合-200℃~+700℃の温度範囲で±2℃の熱電対精度を示します。フルレンジ精度とその他の熱電対タイプについては、フルデータシートの「Thermal Characteristics (熱特性)」の仕様を参照してください。

FAQ (よく聞かれる質問):MAX31855

主な機能

  • 高集積によって設計時間を短縮しシステムコストを削減
    • コンバータ分解能:14ビット (0.25℃)
    • 冷接点補償内蔵
    • 大部分の一般的な熱電対タイプのバージョンが入手可能:K、J、N、T、S、R、およびEタイプ
    • 熱電対のGNDまたはVCCへの短絡検出
    • 熱電対のオープン検出
  • 大部分のマイクロコントローラとインタフェース
    • 簡易なSPI対応インタフェース(読取り専用)

アプリケーション/用途

  • 電気器具
  • 車載用
  • HVAC
  • 産業用
Parametric specs for Temperature Sensors
Sensor Type Remote
# Channels One
Interface SPI
Functions Thermocouple-to-Digital Converter
Accuracy (±°C) 2
Parasite Pwr. No
Temp. Resolution (bits) 14
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$3.27 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX31855:標準アプリケーション回路 MAX31855:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

追加リソース
 

説明

MAX31855の評価キット(EVキット)は、冷接点補償熱電対-デジタルコンバータのMAX31855の評価に必要なハードウェアおよびソフトウェア(GUI)を提供します。
The MAX31855のEVキットには、PCBにはんだ付けされたMAX31855KASA+が出荷時に実装されています。これは、MAX31855のKタイプ熱電対バージョンです。その他の熱電対タイプは、希望の熱電対、熱電対ソケット、および対応するMAX31855を入手することによって評価することができます。ご希望の熱電対タイプに適合するMAX31855の無料サンプルについては、お問い合わせください。他の熱電対タイプに関する部品番号その他の詳細情報については、フルデータシートの「Evaluating Other Thermocouple Types (他の熱電対タイプの評価)」の項を参照してください。

詳細を見る

特長

  • Kタイプ熱電対の評価に必要なすべてを内蔵
  • EVキットのハードウェアはUSB駆動(USBケーブル同梱)
  • Windows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7 OS対応のソフトウェア
  • USB HIDインタフェース
  • 単一の.EXEファイルで構成するグラフィカルユーザインタフェース(GUI)
  • 第2チャネルによって他の熱電対タイプの評価が容易
  • RoHS準拠

説明

MAX31855PMB1ペリフェラルモジュールは、冷接点補償熱電対-デジタルコンバータのMAX31855をPmod™対応拡張ポートを利用する任意のシステムとインタフェースするために必要なハードウェアを提供します。このICは、冷接点補償を実行し、熱電対からの信号をデジタル化します。K、J、N、T、R、またはEタイプ熱電対で動作するICのバージョンが提供されています。このモジュールは、Kタイプ熱電対で動作するように設定されています。データは、符号付き14ビット、SPI対応の読取り専用形式で出力されます。このコンバータは、温度を0.25℃まで分解するため、最高+1800℃と最低-270℃の読取りが可能となり、Kタイプ熱電対の場合-200℃~+700℃の温度範囲で±2℃の熱電対精度を示します。
MAX31855 ICのフルレンジ精度、その他の熱電対タイプ、および動作についての詳細は、このICのデータシートを参照してください。
:Kタイプ熱電対はマキシムのペリフェラルモジュールコレクションに含まれていません。

詳細を見る

特長

  • Kタイプ熱電対出力を符号付き14ビットデジタルワードに直接変換
  • 冷接点補償
  • 分解能:14ビット、0.25℃
  • 熱電対のGNDまたはVCCへの短絡検出
  • 熱電対のオープン検出
  • 6ピンPmod対応コネクタ(SPI)
  • 移植しやすいCで記述したサンプルソフトウェア
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

マキシムのアナログエッセンシャルは、Digilent, Inc.が制定したPmod™規格に準拠する任意のFPGA/CPU拡張ポートに直接プラグインすることができるペリフェラルモジュールのコレクションです。このコレクションには、一般によく使用される多種多様なアナログおよびミックスドシグナル機能を備えたモジュールが含まれています。これらのモジュールは、3つの定評あるFPGAプラットフォーム(Avnet LX-9、Digilent Nexys 3、およびAvnet ZEDBoard)のFPGAコンフィギュレーションファイルが組み込まれたソフトウェアや各モジュールの実行と検証用のサンプルプログラムによってサポートされています。サンプルプログラムは、モジュールの機能を検証すると同時に、適切に分割されてドキュメントも用意されているため、コアルーチンをお客様のプログラムに容易にカット&ペーストすることができます。プラグインによる簡素性と扱いやすいソフトウェア統合の組合せによって、アイデアをプロトタイプ製作に迅速に移すことができます。

詳細を見る

特長

  • データコンバータ、インタフェース、クロック、センサーその他のモジュールを内蔵して多くの設計ニーズに対応
  • プラグインモジュールによって迅速なハードウェアプロトタイピングを実現
  • 実証済みソフトウェアドライバによって開発時間を短縮
  • 組込みのFPGAコンフィギュレーションファイルによって設計作業を簡素化

 
/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Temperature Sensors
Sensor Type Remote
# Channels One
Interface SPI
Functions Thermocouple-to-Digital Converter
Accuracy (±°C) 2
Parasite Pwr. No
Temp. Resolution (bits) 14
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$3.27 @1k

主な機能

  • 高集積によって設計時間を短縮しシステムコストを削減
    • コンバータ分解能:14ビット (0.25℃)
    • 冷接点補償内蔵
    • 大部分の一般的な熱電対タイプのバージョンが入手可能:K、J、N、T、S、R、およびEタイプ
    • 熱電対のGNDまたはVCCへの短絡検出
    • 熱電対のオープン検出
  • 大部分のマイクロコントローラとインタフェース
    • 簡易なSPI対応インタフェース(読取り専用)

アプリケーション/用途

  • 電気器具
  • 車載用
  • HVAC
  • 産業用

説明

MAX31855は、冷接点補償を実行し、K、J、N、T、S、R、またはEタイプ熱電対からの信号をデジタル化します。データは、符号付き14ビット、SPI対応の読取り専用形式で出力されます。このコンバータは、温度を0.25℃まで分解するため、最高+1800℃と最低-270℃の読取りが可能となり、Kタイプ熱電対の場合-200℃~+700℃の温度範囲で±2℃の熱電対精度を示します。フルレンジ精度とその他の熱電対タイプについては、フルデータシートの「Thermal Characteristics (熱特性)」の仕様を参照してください。

FAQ (よく聞かれる質問):MAX31855

簡略化されたブロック図

MAX31855:標準アプリケーション回路 MAX31855:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。