MAX30101WING

MAX30101の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX30101WINGボードは、パルス酸素濃度センサーのMAX30101用アプリケーションファームウェアを迅速に開発するために設計された高速開発ボードです。MAX30101WINGはパワーマネージメントIC (PMIC)のMAX14750Aを実装し、MAX30101への+1.8V電源レール(1V8)およびMAX30101の内蔵LEDを駆動するための設定可能な+2.5V~+5Vレール(VLED)を供給します。このボードは+1.8Vおよび+3.3Vロジック(VIO)に対応し、ジャンパJP1を介して選択可能です。ZIFフラットフレキシブルケーブルコネクタによって、シリコンベース体温センサーのMAX30205を備えたMAX30205EVSYSの統合が可能です。このボードはMAX32630FTHRとシームレスに統合し、迅速なプロトタイプ作成および開発を可能にします。

MAX30101WING:ボード写真 MAX30101WING:ボード写真 拡大表示+

主な特長

  • 便利な拡張ボード
    • 0.9インチ × 2.0インチDIP形状
      • ブレッドボード対応
      • フェザー対応
    • オンボードPMICによってLED駆動電圧を供給
    • +1.8Vおよび+3.3VロジックVIO対応
    • ZIFフラットフレキシブルケーブルコネクタ
      • MAX30205EVSYS対応
  • 高感度パルスオキシメーターおよび心拍数センサーのMAX30101の特長
    • 非侵襲的反射型LEDソリューション
    • 14ピン光モジュール(5.6mm × 3.3mm × 1.55mm)
      • カバーガラスの内蔵によって最適、堅牢な性能を実現
    • 超低電力動作によってモバイル機器に対応
      • 設定可能なサンプルレートとLED電流による省電力
      • 低電力心拍数モニタ:1mW以下
      • 超低シャットダウン電流:0.7µA (typ)
    • 高速データ出力機能
      • サンプルレート:最大3200sps
    • 堅牢なモーションアーチファクト耐性
    • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • PMICのMAX14750Aの特長
    • Micro-IQ 250mWバックブーストレギュレータ
      • VLEDをMAX30101に供給
      • 設定可能な出力電圧:2.5V~5V
      • 自己消費電流:1.1µA
      • 設定可能な電流制限
      • 入力電圧:1.8V~5.5V
    • Micro-IQ 100mA LDO
      • 1V8レールをMAX30101に供給
      • 入力電圧:1.71V~5.5V
      • 設定可能な出力電圧:0.09V~4.0V
      • 自己消費電流:0.9µA
      • 負荷スイッチとして設定可能
      • 個別のイネーブル端子
      • I2C制御インタフェース

アプリケーション/用途

  • フィットネス補助装置
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ウェアラブルデバイス

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX30101WING 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース