先頭に戻る

IO-Linkデバイストランシーバ

業界最小、2.5mm x 2.5mmの25ピンWLPのフル機能IO-Linkデバイストランシーバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for IO-Link Transceivers and Binary Drivers
Functions IO-Link Device Transceiver
VCC (V) (min) 9
VCC (V) (max) 36
C/Q (mA) (typ) 140
DO (mA) (typ) 135
Selectable Slew Rate Yes
Logic-Level Supply Voltage (V) 2.3 to 5.5
Integrated Power 3.3V LDO
5V LDO
Protection Features High Temp Warning and Shutdown
Reverse Polarity
Short Circuit
UVLO
Package/Pins TQFN/24
WLP/25
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
3.76
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for IO-Link Transceivers and Binary Drivers
Functions IO-Link Device Transceiver
VCC (V) (min) 9
VCC (V) (max) 36
C/Q (mA) (typ) 140
DO (mA) (typ) 135
Selectable Slew Rate Yes
Logic-Level Supply Voltage (V) 2.3 to 5.5
Integrated Power 3.3V LDO
5V LDO
Protection Features High Temp Warning and Shutdown
Reverse Polarity
Short Circuit
UVLO
Package/Pins TQFN/24
WLP/25
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
3.76

主な特長

  • 規格準拠によって将来を保証するソリューションを確保
    • IO-Linkバージョン1.0および1.1.2
    • IEC IEC61131.9 SDCI
  • 高い設計自由度と集積によってSKU (在庫)を削減
    • プッシュプル、PNP、またはNPNドライバ設定
    • COM1、COM2、およびCOM3データレートをサポート
    • SPIインタフェースによって制御と監視が可能
    • 2.5V~5Vロジックインタフェースレベル
    • 補助デジタル出力(DO):24V、100mA
    • 補助デジタル入力(DI):24V
    • C/Q出力駆動仕様:100mA
    • 5Vおよび3.3Vレギュレータ内蔵
  • 内蔵の保護によって堅牢なソリューションを実現
    • 拡張フォルト監視およびレポート
    • 全24V入力/出力で逆極性および短絡保護
    • 逆極性保護された24V電源出力
    • 動作温度範囲:-40℃~+105℃
  • 小型パッケージによってセンサーの小型化に対応
    • WLP (2.5mm x 2.5mm)およびTQFN (4mm x 4mm)パッケージ

アプリケーション/用途

  • インダストリアルセンサーおよびアクチュエータ
  • IO-Linkアクチュエータ
  • IO-Linkセンサー

説明

MAX14821トランシーバはIO-Link®デバイスおよび24Vバイナリセンサー/アクチュエータに最適です。すべてのIO-Linkデータレート仕様がサポートされています。このトランシーバは、IO-Linkアプリケーションで、データリンク層プロトコルを動作させるマイクロコントローラへの物理層インタフェースとして動作します。24Vのデジタル入出力が追加で提供されます。2つの内部リニアレギュレータは共通のセンサーおよびアクチュエータ電力要件(5Vおよび3.3V)を生成します。

内蔵のC/QおよびDOドライバは、プッシュプル、ハイサイド(PNP)、またはローサイド(NPN)動作用に個別に設定可能です。このデバイスはIO-Link C/Qのウェイクアップ状態を検出し、アクティブローWU出力でウェイクアップ信号を生成します。C/QおよびDI入力はアクチュエータで使用するために電流負荷が選択可能です。

SPIインタフェースによってデバイスの設定と監視が可能です。広範囲のアラーム状態が検出され、アクティブローIRQ出力とSPIインタフェースを通して通信されます。このデバイスは逆極性、短絡、および熱保護を特長としています。全電源ラインは低電圧状態が監視されます。

C/QおよびDOドライバのソース/シンク仕様は最大100mAです。

このデバイスは2.5mm x 2.5mmの25ピンWLPおよび4mm x 4mmの24ピンTQFNパッケージで提供されます。両パッケージはともに拡張温度範囲-40℃~+85℃での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX14821:ファンクションダイアグラム MAX14821:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。