先頭に戻る

デュアルIO-Linkマスタートランシーバ、フレーマおよびL+電源コントローラ内蔵

フレーマを内蔵した超低電力、堅牢なデュアルIO-Linkマスタートランシーバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for IO-Link Transceivers and Binary Drivers
Functions IO-Link Master Transceiver
VCC (V) (min) 9
VCC (V) (max) 65
C/Q (mA) (typ) 500
Logic-Level Supply Voltage (V) 1
Integrated Power 5V LDO
Protection Features Current Limiter
High Temp Warning and Shutdown
Reverse Current Blocking
Reverse Polarity
Selectable Overcurrent
Short Circuit
UVLO
Package/Pins TQFN-CU/48
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Budgetary
Price (See Notes)
7.38
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for IO-Link Transceivers and Binary Drivers
Functions IO-Link Master Transceiver
VCC (V) (min) 9
VCC (V) (max) 65
C/Q (mA) (typ) 500
Logic-Level Supply Voltage (V) 1
Integrated Power 5V LDO
Protection Features Current Limiter
High Temp Warning and Shutdown
Reverse Current Blocking
Reverse Polarity
Selectable Overcurrent
Short Circuit
UVLO
Package/Pins TQFN-CU/48
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Budgetary
Price (See Notes)
7.38

主な特長

  • 低電力アーキテクチャ
    • ドライバオン抵抗:1Ω (typ)
    • 2チャネルの総消費電流:1.9mA (typ)
    • 電流リミッタの検出電圧:15mV
  • 内蔵IO-Linkフレーマによって外部UARTが不要
    • 内蔵サイクルタイマーによってマイクロコントローラをタイミングが重要な作業から解放
  • 高い設定自由度と集積度によってSKU (在庫)を削減
    • 2つの補助Type 1/Type 3デジタル入力
    • NPNセンサー対応
    • デュアル24Vセンサー電源コントローラは以下を含む:
      • 大容量性負荷充電機能
      • 2A以上の負荷電流
  • 内部保護によって堅牢なシステムを実現
    • 全インタフェース端子に逆極性保護
    • 全インタフェース端子に過電圧耐性
    • C/QおよびDIはIEC 61131-2に完全準拠
    • C/QはIO-Link 1.1.3に準拠
    • L+およびC/Qの逆電流ブロック
    • 65Vの絶対最大定格によってTVSの柔軟性を実現
    • グリッチフィルタによってバースト耐性を向上
    • 動作温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • IO-Linkゲートウェイ
  • IO-Linkマスターシステム

説明

センサー/アクチュエータ電源コントローラを内蔵した低電力、デュアルチャネルIO-Link®マスタートランシーバのMAX14819/MAX14819Aは、最新のIO-Linkとバイナリ入力の規格およびテスト仕様(IEC 61131-2、IEC 61131-9 SDCI、およびIO-Link 1.1.3)に完全準拠しています。また、このマスタートランシーバは、2つの補助デジタル入力(DI_)チャネルも内蔵しています。

MAX14819/MAX14819Aは、外部UARTとの組み合わせまたはICの内蔵フレーマを使用した動作のいずれかに設定可能です。

マイクロコントローラの選択を容易にするために、このマスタートランシーバはフレームハンドラを備えUARTとFIFOを内蔵しています。これらは、すべてのIO-Link Mシーケンスフレームタイプの時間が重要な制御を簡素化するように設計されています。また、MAX14819/MAX14819Aは自律的なサイクルタイマーも備え、高精度のコントローラタイミングの必要性を低減します。内蔵の通信確立シーケンサも、ウェイクアップ管理を簡素化します。

MAX14819Aのデバイスメッセージ応答遅延はフレームハンドラを使用する場合ディセーブル可能で、MAX14819AはMAX14819よりも高いL+スレッショルドを備えています。また、MAX14819AのレシーバはMAX14819に比べて高周波信号絶縁が向上しています。

MAX14819/MAX14819Aは、高度な電流制限、逆電流ブロック、および逆極性保護機能を備えた2つの低電力センサー電源コントローラを内蔵し、低電力で堅牢なソリューションを実現します。

MAX14819/MAX14819Aは48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)で提供され、-40℃~+125℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

 

簡易ブロック図

MAX14819:ファンクションダイアグラム MAX14819:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。