PCB IDおよび認証

認証済みPCB IDによってデータのセキュリティを確保しデジタルラベリングを実現

PCBデジタルラベルおよび製品情報のセキュアストレージ用の最高の電子ソリューションが提供されます。マキシムの1-Wire® EEPROMおよびセキュア認証用ICデバイスは、 出荷時設定される、64ビット固有ROM IDを備え、PCB認証および固有PCB IDを実現します。ワンタイムプログラマブル(OTP)モードや書込み保護などの設定可能な機能と、SHA-256ベースのセキュア認証の組合せによって、重要データが一度プログラムされると変更不可能であることを確保します。利用可能なオプションには、SHAおよびECDSAキーの出荷時パーソナライゼーションおよび64ビットROM IDのカスタム化が含まれます。標準的なアプリケーションの例には、製品特性、PCBハードウェア/ソフトウェア版数、メンテナンス記録、および較正定数のストレージが含まれます。

セキュア認証用ICの設定に関するオプションの詳細はこちら ›

1-Wire IDおよびPCBの認証の利点

  • 出荷時設定される、64ビット登録番号によって固有PCB IDを提供
  • 個別のメモリページを書込み保護またはEPROMエミュレーションモードにすることが可能
  • マキシムのセキュア認証用ICデバイスの1つを使用してセキュアPCB認証を利用可能
  • 最小限の接点のインタフェース

PCB IDおよび認証用の1-Wireメモリデバイス 
PCB IDおよび認証用のセキュア認証用IC 

種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 3675 セキュア認証によるR&D投資の保護
アプリケーションノート 178 1-Wire®製品によるプリント回路基板の識別