先頭に戻る

±15kV ESD保護、1µA、16Mbps、デュアル/クワッド、低電圧レベルトランスレータ、UCSPパッケージ

業界最小のレベルトランスレータ

製品の詳細

±15kV ESD保護レベルトランスレータのMAX3372E~MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、複数電圧システムのデータ転送に必要なレベルシフトを行います。外部から印加される電圧VCCとVLが、デバイスの片側のロジックレベルを設定します。デバイスVL側の低電圧ロジック信号は、デバイスのVCC側に高電圧ロジック信号として現れ、デバイスのVCC側高電圧ロジック信号は、デバイスのVL側に低電圧ロジック信号として現れます。片方向レベルトランスレータMAX3374E/MAX3375E/MAX3376E/MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、任意の単一データライン上で一方向(VL → VCC、またはVCC → VL)にデータをレベルシフトします。双方向レベルトランスレータMAX3372E/MAX3373EおよびMAX3377E/MAX3378Eは、トランスミッションゲートベースの設計(フルデータシートの「Figure 2 (図2)」)を利用して、任意の単一データライン上でいずれの方向にも(VL ⇔ VCC)データ変換可能です。MAX3372E~MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、+1.2V~+5.5VのVLおよび+1.65V~+5.5VのVCCを受け入れるので、低電圧ASIC/PLDシステムと高電圧システム間のデータ転送に最適です。

MAX3372E~MAX3379E、MAX3390E~MAX3393Eファミリのすべてのデバイスは、消費電流が1µA以下に減少する3ステート出力モード、短絡過熱保護、信号が外部を経由するアプリケーションの保護に重要なVCC側の±15kV ESD保護を備えています。MAX3372E/MAX3377Eは、230kbpsの保証データレートで動作します。すべての230kbpsのデバイスでは、スルーレート制限がEMIを低下させます。MAX3373E~MAX3376E/MAX3378E/MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、規定の全動作電圧範囲対して8Mbpsの保証データレートで動作します。特定電圧範囲では、さらに高いデータレートが実現されます。(フルデータシートの「Timing Characteristics (タイミング特性)」参照)

MAX3372E~MAX3376Eは、デュアルレベルシフタで、3 x 3 UCSP、8ピンTDFN、および8ピンSOT23パッケージで提供されます。MAX3377E/MAX3378E/MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、クワッドレベルシフタで、3 x 4 UCSP、14ピンTDFN、および14ピンTSSOPパッケージで提供されます。

主な機能

  • ロジックレベルトランスレータはより低電圧のシステムとより高電圧のシステム間のデータ転送を可能にすることによって設計を簡素化
  • 最低+1.2VのVLで動作
  • 保証データレートオプション
    • 230kbps
    • 8Mbps (+1.2V ≤ VL ≤ VCC ≤ +5.5V)
    • 10Mbps (+1.2V ≤ VL ≤ V CC ≤ +3.3V)
    • 16Mbps (+1.8V ≤ VL ≤ VCC ≤ +2.5Vおよび+2.5V ≤ VL ≤ VCC ≤ +3.3V)
  • 双方向レベル変換(MAX3372E/MAX3373EおよびMAX3377E/MAX3378E)
  • 低消費電力によって発熱を低減
  • 自己消費電流:130µA (typ)
  • 3ステート出力モードの消費電流:1µA
  • スルーレート制限によってEMIを低減
  • 保護機能によってシステムの信頼性を向上
  • I/O VCCラインの±15kV ESD保護
  • 熱短絡保護

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 携帯電話クレードル
  • GPS
  • 低コストシリアルインタフェース
  • 低電圧ASICレベル変換
  • ポータブル通信機器
  • ポータブルPOSシステム
  • スマートカードリーダ
  • SPI、MICROWIRE、およびI2Cレベル変換
  • テレコム機器
Parametric specs for Logic Level Translators
# Level Transl. 4
Data Rate (Mbps) (max) 16
VL (V) 1.2 to 5.5
VCC (V) 1.65 to 5.5
I/O VCC State (Shutdn.) High Impedance
I/O VL State (Shutdn.) High Impedance
ICC (µA) (max) 300
IL (µA) (max) 100
Package/Pins TSSOP/14
Budgetary
Price (See Notes)
$2.09 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX3372E、MAX3373E、MAX3374E、MAX3375E、MAX3376E、MAX3377E、MAX3378E、MAX3379E、MAX3390E、MAX3391E、MAX3392E、MAX3393E:標準動作回路 MAX3372E、MAX3373E、MAX3374E、MAX3375E、MAX3376E、MAX3377E、MAX3378E、MAX3379E、MAX3390E、MAX3391E、MAX3392E、MAX3393E:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Logic Level Translators
# Level Transl. 4
Data Rate (Mbps) (max) 16
VL (V) 1.2 to 5.5
VCC (V) 1.65 to 5.5
I/O VCC State (Shutdn.) High Impedance
I/O VL State (Shutdn.) High Impedance
ICC (µA) (max) 300
IL (µA) (max) 100
Package/Pins TSSOP/14
Budgetary
Price (See Notes)
$2.09 @1k

主な機能

  • ロジックレベルトランスレータはより低電圧のシステムとより高電圧のシステム間のデータ転送を可能にすることによって設計を簡素化
  • 最低+1.2VのVLで動作
  • 保証データレートオプション
    • 230kbps
    • 8Mbps (+1.2V ≤ VL ≤ VCC ≤ +5.5V)
    • 10Mbps (+1.2V ≤ VL ≤ V CC ≤ +3.3V)
    • 16Mbps (+1.8V ≤ VL ≤ VCC ≤ +2.5Vおよび+2.5V ≤ VL ≤ VCC ≤ +3.3V)
  • 双方向レベル変換(MAX3372E/MAX3373EおよびMAX3377E/MAX3378E)
  • 低消費電力によって発熱を低減
  • 自己消費電流:130µA (typ)
  • 3ステート出力モードの消費電流:1µA
  • スルーレート制限によってEMIを低減
  • 保護機能によってシステムの信頼性を向上
  • I/O VCCラインの±15kV ESD保護
  • 熱短絡保護

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 携帯電話クレードル
  • GPS
  • 低コストシリアルインタフェース
  • 低電圧ASICレベル変換
  • ポータブル通信機器
  • ポータブルPOSシステム
  • スマートカードリーダ
  • SPI、MICROWIRE、およびI2Cレベル変換
  • テレコム機器

説明

±15kV ESD保護レベルトランスレータのMAX3372E~MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、複数電圧システムのデータ転送に必要なレベルシフトを行います。外部から印加される電圧VCCとVLが、デバイスの片側のロジックレベルを設定します。デバイスVL側の低電圧ロジック信号は、デバイスのVCC側に高電圧ロジック信号として現れ、デバイスのVCC側高電圧ロジック信号は、デバイスのVL側に低電圧ロジック信号として現れます。片方向レベルトランスレータMAX3374E/MAX3375E/MAX3376E/MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、任意の単一データライン上で一方向(VL → VCC、またはVCC → VL)にデータをレベルシフトします。双方向レベルトランスレータMAX3372E/MAX3373EおよびMAX3377E/MAX3378Eは、トランスミッションゲートベースの設計(フルデータシートの「Figure 2 (図2)」)を利用して、任意の単一データライン上でいずれの方向にも(VL ⇔ VCC)データ変換可能です。MAX3372E~MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、+1.2V~+5.5VのVLおよび+1.65V~+5.5VのVCCを受け入れるので、低電圧ASIC/PLDシステムと高電圧システム間のデータ転送に最適です。

MAX3372E~MAX3379E、MAX3390E~MAX3393Eファミリのすべてのデバイスは、消費電流が1µA以下に減少する3ステート出力モード、短絡過熱保護、信号が外部を経由するアプリケーションの保護に重要なVCC側の±15kV ESD保護を備えています。MAX3372E/MAX3377Eは、230kbpsの保証データレートで動作します。すべての230kbpsのデバイスでは、スルーレート制限がEMIを低下させます。MAX3373E~MAX3376E/MAX3378E/MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、規定の全動作電圧範囲対して8Mbpsの保証データレートで動作します。特定電圧範囲では、さらに高いデータレートが実現されます。(フルデータシートの「Timing Characteristics (タイミング特性)」参照)

MAX3372E~MAX3376Eは、デュアルレベルシフタで、3 x 3 UCSP、8ピンTDFN、および8ピンSOT23パッケージで提供されます。MAX3377E/MAX3378E/MAX3379EおよびMAX3390E~MAX3393Eは、クワッドレベルシフタで、3 x 4 UCSP、14ピンTDFN、および14ピンTSSOPパッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX3372E、MAX3373E、MAX3374E、MAX3375E、MAX3376E、MAX3377E、MAX3378E、MAX3379E、MAX3390E、MAX3391E、MAX3392E、MAX3393E:標準動作回路 MAX3372E、MAX3373E、MAX3374E、MAX3375E、MAX3376E、MAX3377E、MAX3378E、MAX3379E、MAX3390E、MAX3391E、MAX3392E、MAX3393E:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。