MAX13102E

16チャネルバッファ付きCMOSロジックレベル変換器


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX13101E/MAX13102E/MAX13103E/MAX13108Eは16ビット、双方向CMOSロジックレベル変換器であり、マルチ電圧システムでのデータ転送に必要なレベルシフトを行います。これらのデバイスはその設計から本質的に双方向で、方向入力を使用する必要はありません。外部印加電圧VCCおよびVLによって、これらのデバイスの両側のロジックレベルが設定されます。デバイスのVL側にあるロジック信号は、デバイスのVCC側でより高い電圧ロジック信号として発生し、逆もまた同様です。

MAX13101E/MAX13102E/MAX13103Eは、ローになるとVCCおよびVLの消費電流を2µA未満に低減するイネーブル入力(EN)を備えています。MAX13108Eは2バイトから1バイトを選択するマルチプレックス入力(MULT)を備えているため、信号をマルチプレックスすることができます。MAX13101E/MAX13102E/MAX13103E/MAX13108EはI/O VCC側で±15kVのESD保護を備え、外部に配信するアプリケーションでの保護が強化されます。シャットダウン時に3種類の異なった出力構成をとることができるため、VCC側またはVL側のI/Oをハイインピーダンス状態にするか、または6kΩの内蔵抵抗によってグランドに強制することができます。

MAX13101E/MAX13102E/MAX13103E/MAX13108Eは+1.65V~+5.5VのVCC電圧、+1.2V~VCCのVL電圧を受け付けるため、低電圧のASIC/PLDと高電圧システム間のデータ転送に最適です。MAX13101E/MAX13102E/MAX13103E/MAX13108Eは36ピンWLPおよび40ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。フルデータシートの「Ordering Information」をご覧ください。

MAX13101E、MAX13102E、MAX13103E、MAX13108E:標準動作回路 MAX13101E、MAX13102E、MAX13103E、MAX13108E:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 広い電源電圧範囲
    • 1.65V~5.5VのVCC範囲
    • 1.2V~VCCのVL範囲
  • I/O VCCラインにおけるESD保護
    • ±15kVのヒューマンボディモデル
  • 最高スループット:20Mbps
  • 低自己消費電流:0.03µA (typ)
  • WLPおよびTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • CMOSロジックレベル変換
  • デジタルスチルカメラ
  • PDA
  • ポータブル機器
  • スマートフォン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX13102E 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX13102EETL+
  • MAX13102EETL+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース