先頭に戻る

6チャネル高速ロジックレベルトランスレータ

4mAドライバとコンパチブルの、高速(100Mbps)、6チャネルトランスレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 4mA以上の入力ドライバに対応
  • 保証データレート:100Mbps
  • 6つの双方向チャネル
  • クロックリターン出力(MAX13035E)
  • イネーブル入力(MAX13030E~MAX13034E)
  • I/O VCCラインの±15kV ESD保護
  • 電源電圧範囲:+1.62V~+3.2VのVLおよび+2.2V~+3.6VのVCC
  • 鉛フリーの16ピンUCSP (2mm x 2mm)および16ピンTQFN (4mm x 4mm)パッケージ

アプリケーション/用途

  • メモリスティックカードレベル変換
  • MiniSDカードレベル変換
  • MMCレベル変換
  • SDカードレベル変換
  • TransFlash®レベル変換

説明

MAX13030E~MAX13035Eは6チャネル、双方向レベルトランスレータであり、マルチ電圧システムで100Mbpsのデータ転送に必要なレベルシフトを行います。MAX13030E~MAX13035Eは、6チャネルのシステムにおける汎用的なレベル変換だけでなく、メモリカードのレベル変換にも最適です。外部からの印加電圧のVCCおよびVLによって、このデバイスの両側のロジックレベルが設定されます。デバイスのVL側にあるロジック信号は、デバイスのVCC側でより高い電圧ロジック信号として現れ、逆もまた同様です。MAX13035Eは、CLK_VL入力に印加される同じクロック信号を返すCLK_RET出力を備えています。

MAX13030E~MAX13035Eは、少なくとも4mAの出力電流を供給する外部ドライバと共に最高速度で動作します。各I/Oチャネルは30µAの内部電流源によってVCCまたはVLにプルアップされ、MAX13030E~MAX13035Eをプッシュプルまたはオープンドレインドライバによって駆動することができます。

MAX13030E~MAX13034Eは、ローになるとデバイスを低電力シャットダウンモードに移行させるイネーブル(EN)入力を備えています。MAX13030E~MAX13035Eは、VCCがVLを下回るとデバイスをディセーブルする自動シャットダウンモードを備えています。シャットダウン中のI/O VCC_およびI/O VL_の状態は、所望の製品バージョンの選択によって決定されます(フルデータシートの「Ordering Information/Selector Guide (型番/選択ガイド)」を参照)。

MAX13030E~MAX13035Eは+2.2V~+3.6VのVCC電圧と、+1.62V~+3.2VのVL電圧を受け取るため、低電圧のASIC/PLDと高電圧システム間のデータ転送に最適です。MAX13030E~MAX13035Eは16ピンUCSP (2mm x 2mm)および16ピンTQFN (4mm x 4mm)パッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX13030E、MAX13031E、MAX13032E、MAX13033E、MAX13034E、MAX13035E:標準動作回路 MAX13030E、MAX13031E、MAX13032E、MAX13033E、MAX13034E、MAX13035E:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。