MAX14850PMB1

MAX14850PMB1ペリフェラルモジュール


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX14850PMB1ペリフェラルモジュールは、デジタルアイソレータのMAX14850を使用して、別のSPIまたはUARTベースのモジュールをUARTまたはSPIインタフェース用に設定可能なPmod™対応拡張ポートを利用する任意のホストシステムから絶縁します。このペリフェラルモジュールは、最初にホストPmodポートに接続されます。このペリフェラルモジュール上の12ピンPmod対応コネクタに接続された別のUARTまたはSPIベースのモジュールは、ホストからガルバニック絶縁されて、このペリフェラルモジュールに接続された2次電源を基準にします。

このICは、マキシムの独自プロセス技術を採用した6チャネルデジタルアイソレータで、そのモノリシック設計は、異なる電力領域を備えた回路間で、小型で低コストのデジタル信号転送を提供します。合計6つのチャネルのうち、4つの片方向チャネルはそれぞれDCから最大50Mbpsが可能で、4つのチャネルのうち2つは各方向に絶縁バリアを越えてデータを通過させます。2つの双方向チャネルは、オープンドレインで、それぞれDCから最大2Mbpsのデータレートが可能です。

MAX14850 ICの動作の詳細については、このICのデータシートを参照してください。

MAX14850PMB1ボード写真 MAX14850PMB1ボード写真 拡大表示+

主な特長

  • SPIまたはUARTベースのPmod対応モジュールをホストシステムから絶縁
  • データレート:2Mbps~20Mbps以上(設定に依存)
  • 2ピンヘッダによって絶縁モジュール用外部電圧に接続
  • 600VRMS絶縁:60秒
  • 4つのSPIまたはUART信号と2つの制御信号を絶縁
  • 片方向出力で短絡保護
  • ホストとの12ピンPmod対応オスコネクタ
  • 絶縁対象モジュール用12ピンPmod対応メスコネクション
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 産業用制御システム
  • 絶縁型データ収集システム
  • 絶縁型RS-232、RS-485/RS-422
  • 医療用システム
  • テレコムシステム
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース