先頭に戻る

6チャネルデジタルアイソレータ

業界初、モノリシック600VRMSデジタルアイソレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート 6チャネルデジタルアイソレータ Oct 08, 2019

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高電圧環境からの保護
    • 600VRMS絶縁:60秒
    • 片方向出力で短絡保護
    • 50年間の200VRMS動作絶縁電圧
  • 完全なデジタル絶縁ソリューション
    • 4つの片方向信号経路:2つのIn/2つのOut
    • 2つの双方向オープンドレイン信号経路
    • 片方向データレート:50Mbps (max)
    • 双方向データレート:2Mbps (max)
  • 多数のインタフェース規格に適合
    • I2C
    • SPI
    • RS-232、RS-422/RS-485
    • SMBus、PMBusインタフェース

アプリケーション/用途

  • バッテリマネージメント
  • I2C、SPI、SMBus、PMBusインタフェース
  • 産業用制御システム
  • 絶縁型RS-232、RS-485/RS-422
  • 医療用システム
  • テレコムシステム

説明

MAX14850は、マキシムの独自プロセス技術を採用した6チャネルデジタルアイソレータで、そのモノリシック設計は、異なる電力領域を備えた回路間で、小型で低コストのデジタル信号転送を提供します。この技術によって、低消費電力と高温時の安定した性能が可能になります。

4つの片方向チャネルはそれぞれDCから最大50Mbpsが可能で、4つのチャネルのうち2つは各方向に絶縁バリアを越えてデータを通過させます。2つの双方向チャネルは、オープンドレインで、それぞれDCから最大2Mbpsのデータレートが可能です。

アイソレータの両側の独立した3.0V~5.5V電源によって、レベルトランスレータとしての使用にも最適です。MAX14850は、SPIバス、I2Cバス、RS-232、RS-485/RS-422バスの絶縁、および汎用アイソレーションとして使用することができます。バスアイソレータとして使用した場合、別のチャネルを電力監視とリセット信号に使用することができます。

MAX14850は、ナローボディの16ピンSOICパッケージ(10mm x 4mm。対応の評価キットに使用可能)、および16ピンQSOPパッケージ(3.9mm x 4.94mm)で提供されます。これらのパッケージは、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。

性能の向上が必要な場合は、MAX14851を参照してください。MAX14851は同じ機能およびピン配置を備え、MAX14850の実装面積と機能の代替として使用することができます。

簡易ブロック図

MAX14850:標準動作回路 MAX14850:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート 6チャネルデジタルアイソレータ Oct 08, 2019

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。