IO-Linkトランシーバおよびバイナリドライバ

IO-Link®は、センサーとアクチュエータを制御ネットワークに接続するために設計された3線式産業用通信規格です。このアプリケーションでは、トランシーバはデータリンク層プロトコルを動作させるマイクロコントローラとインタフェースする物理層として動作し、最大24Vのデジタル入出力をサポートします。マキシムのトランシーバはすべてのIO-Link仕様に対応しています。

バイナリドライバは、標準的な24V、3線式の産業用インタフェースを使用します。これらのドライバは、通常はハイサイド(pnp)、ローサイド(npn)、またはプッシュプル構成をサポートするとともに、ノーマリオープン(NO)またはノーマリクローズ(NC)ロジックに対応します。マキシムのバイナリドライバは、IEC 60255-5の最大±1.3kVのサージに適合する過渡保護を内蔵し、3.3Vまたは5V出力を設定するOTPプログラミングオプション、パワーオンリセット(POR)遅延のタイミングを備えています。

参照
IO-Linkリファレンスデザイン ›


リソース

種類 ID タイトル
システムボード6598
システムボード6121MAXREFDES37#: IO-Link Quad Servo Driver
システムボード6095MAXREFDES79#: 4-Port IO-Link Master
システムボード5879MAXREFDES36#: IO-Link 16-Channel Digital Input Hub
システムボード5868MAXREFDES27#: IO-Link Optical Proximity Sensor
リファレンス回路3161Designing Robust and Fault-Tolerant Motion-Control Feedback Systems


最小の4チャネルI/O-LinkマスターおよびRGBセンサー
3:18 min
November 2014



デュアルIO-Linkマスタートランシーバ:MAX14819のデモ
4:48 min
June 2017



IO-Link技術の基礎を学ぶ
14:34 min
March 2018



シリアルトランシーバデバイスの基礎
15:10 min
April 2018



MAX13054AESHLD評価キットの使用
4:52 min
May 2018



±65Vフォルト保護、±25V CMR、および±25kV ESDを備えた+3.3V、2Mbps CANトランシーバのMAX33053E/54Eの紹介
08:38 min
August 2018



±65Vフォルト保護、±25V CMR、および±25kV ESDを備えた5V、2Mbps CANトランシーバのMAX13053A/4Aの紹介
7:41 min
September 2018



USB Type-CチャージャのMAX14748の紹介
4:07 min
August 2017



2.5kVRMS完全絶縁型RS-485/RS-422モジュールトランシーバ + 電源のMAXM22510/11の紹介
3:03 min
October 2018



トランスドライバ内蔵5kVRMS絶縁型CANトランシーバのMAX14882の紹介
2:40 min
June 2018



ビアマグ工場:マキシム・インテグレーテッドの産業用製品の動作の実例(日本語字幕)
4:11 min
November 2014



Micro PLCユニバーサルアナログ入力カード
5:37 min
December 2015



IO-Linkとは何か?
4:58 min
April 2015



ラボにて:アナログ出力デザインアクセラレータキット
4:18 min
December 2014



ラボにて:IO-Linkスマートセンサーシステムのデモ
7:51 min
April 2015



パラレル出力内蔵高速、オクタル(8回路)、産業用デジタル入力のMAX22195の紹介
4:50 min
September 2018



診断機能およびデジタル絶縁内蔵オクタル(8回路)産業用デジタル入力のMAX22192の紹介
5:29 min
October 2018