産業用デジタル入出力インタフェースIC

高電圧産業用デジタル入力(DI)およびデジタル出力(DO)信号は、バイナリ信号とも呼ばれ、0~24Vの範囲の大きさの制御信号です。デジタル入出力信号は産業制御機器で使用され、比較的ノイズの多い産業環境でリモート機器とコントローラの間でオン/オフ状態を通信します。

マキシムの産業用デジタル入出力ICは、電圧レベル変換を行うとともに回路保護を提供します。また、多くのデバイスはシリアライズも行い、デジタル信号アイソレータを介した経済的な運用を可能にします。

デジタル入力IC

産業用デジタル入力(DI) ICは、(バイナリセンサーからの)高電圧信号と、PLCなどの産業制御機器に見られるより低い電圧の間のインタフェースを提供します。マキシムのIEC61131-2準拠デジタル入力インタフェースデバイスは、最小のソリューションサイズ、最小の消費電力、および1kVのサージ保護と内蔵診断機能による最も堅牢な動作を提供します。マキシムの寄生給電型デジタル入力ICは、消費電力を最大60%低減し、ディスクリートの絶縁型電源が不要です。

産業用オクタル(8回路)デジタル入力 
寄生給電型デジタル入力 
絶縁型ADC 
全デジタル入力レベルトランスレータ/シリアライザ 

デジタル出力ドライバIC

産業用デジタル出力(DO) ICは高電圧出力信号の高速スイッチングを提供し、産業制御アプリケーションで使用されます。マキシムのデジタル出力ドライバは、消費電力を低減しチャネル密度を増大する超低オン抵抗、内蔵サージ保護、診断機能、および誘導性負荷を安全に扱うためのセーフデマグネタイゼーションを備えています。柔軟性を最大限に高めるために、これらのデバイスはシリアル(SPI)またはパラレルモードに設定可能で、出力はハイサイドスイッチまたはプッシュプルドライバに設定することができます。

デジタル出力ドライバ 

産業用デジタル入出力ペリフェラルモジュールボード

ペリフェラルモジュールボード(PMB)は、マキシムのデジタル入出力デバイスを評価するための簡便な方法を提供します。

PMBの主な特長

  • 3.0~5.5Vの単一ロジック電源で動作、24Vフィールド電源不要
  • IEC 61131-2 Type 1およびType 3センサー入力用に設定
  • 実証済みPCBレイアウト
  • USB2PMB2#またはUSB2GPIO#アダプタおよびMunich GUIソフトウェアとの動作が可能
デバイスタイプ 評価対象デバイス デバイスの説明 ペリフェラルモジュールボード
デジタル入力 MAX22190 8チャネル産業用デジタル入力、診断機能内蔵 MAX22190PMB
デジタル入力 MAX22191 シングルチャネル寄生給電型デジタル入力 MAX22191PMB
デジタル出力 MAX14912 8チャネル高速、デジタル出力ドライバ MAX14912PMB
デジタル入出力 MAX14914 シングルチャネルドライバ、DIまたはDOとして設定可能 MAX14914PMB
バイナリ入力 MAX14001 絶縁型10ビットADC、マルチレンジバイナリ入力用、DC-DCコンバータ内蔵 MAX14001PMB
コンパニオンボード 評価対象デバイス 説明 ボード型番
アダプタボード - 低コスト、使いやすいUSB-I2C/SPI/GPIOインタフェースアダプタボード USB2GPIO
絶縁ボード MAX14483 USBアダプタボードと任意のペリフェラルモジュールボードの間に絶縁を提供 USB2GPIOISO

参照:
デジタル信号アイソレータ ›
IO-Linkトランシーバおよびバイナリドライバ ›
Go-IO PLC:自律動作する超ポータブルIO ›

リソース

種類 ID PDF タイトル
ユーザーガイド 6815 Industrial Digital IO Design Guide
アプリケーションノート 6339 Digital Output Drivers: Understanding Key Features and Challenges
アプリケーションノート 6307 Switching Inductive Loads with Safe Demagnetization