先頭に戻る

製品の詳細

MAX9382/MAX9383は高速PECL/ECL位相-周波数検出器で、高帯域幅位相ロックループ(PLL)アプリケーション用に設計されています。これらのデバイスはシングルエンドリファレンス(R)とVCO (V)入力を比較し、差動アップ(U)およびダウン(D)出力にパルスストリームを生成します。これらが積算されると、出力パルスストリームの差によって入力位相や周波数の差に比例する制御電圧が生成されます。最小ショートパルス期間の保証によって、ロック状態時の最小位相差が完全に不要になり、ループジッタ性能を向上させます。

MAX9382/MAX9383は低伝搬/リセット遅延が特長で、高周波クロック同期用に最適です。MAX9382は100Kロジックレベルを使用し、VCC - VEE = 4.2V~5.5Vの電源電圧範囲で動作し、モトローラのMCK12140とピンコンパチブルです。MAX9383は10Hロジックレベルを使用し、VCC - VEE = 4.75V~5.5Vの電源電圧範囲で動作し、MCH12140とピンコンパチブルです。

MAX9382/MAX9383は、業界標準の8ピンSOパッケージおよび省スペース8ピンµMAXパッケージで提供されます。

主な機能

  • 保証最小パルス幅により不感帯を排除
  • 帯域幅:450MHz (typ) (最大±πの位相検出)
  • 75kΩ入力プルダウン抵抗を内蔵
  • 消費電流:44mA (typ)
  • ESD保護:±2kV (ヒューマンボディモデル)
  • MCK12140およびMCH12140とピンコンパチブル
  • 8ピンµMAXおよびSOパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • 自動試験装置(ATE)
    • 電話局
    • DLC
    • DSLAM
    • 高精度クロック分配
    • ワイヤレス基地局

    簡略化されたブロック図

    MAX9382、MAX9383:ファンクションダイアグラム MAX9382、MAX9383:ファンクションダイアグラム Zoom icon

    技術資料

    データシート ECL/PECLフェーズ周波数検出器 Dec 13, 2002
    アプリケーションノート Phase-Lock Loop Applications Using the MAX9382

    設計と開発

    以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

    説明

    MAX9382の評価キット(EVキット)は、高速、PECL/ECL位相-周波数検出器のMAX9382を内蔵しています。このEVキットはMAX9382を評価します。MAX9382はシングルエンドリファレンス(R)とVCO (V)入力を比較し、入力位相や周波数の差に比例し差動アップ(U)およびダウン(D)出力にパルスストリームを生成します。このEVキットは、最大450MHzで動作します。

    MAX9382のEVキットは、4層PCBで50Ωインピーダンスのパターンで設計されています。また、このEVキットを使って、MAX9383も評価することができます。

    詳細を見る

    特長

  • 50Ωマイクロストリップパターン
  • 入力パターン長が均等
  • 2mil以下でマッチングした出力パターン長
  • 基板上動作周波数:最大450MHz
  • PECL/ECL電源
  • 8ピンSOパッケージ
  • 完全実装および試験済み
  • /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    主な機能

  • 保証最小パルス幅により不感帯を排除
  • 帯域幅:450MHz (typ) (最大±πの位相検出)
  • 75kΩ入力プルダウン抵抗を内蔵
  • 消費電流:44mA (typ)
  • ESD保護:±2kV (ヒューマンボディモデル)
  • MCK12140およびMCH12140とピンコンパチブル
  • 8ピンµMAXおよびSOパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • 自動試験装置(ATE)
    • 電話局
    • DLC
    • DSLAM
    • 高精度クロック分配
    • ワイヤレス基地局

    説明

    MAX9382/MAX9383は高速PECL/ECL位相-周波数検出器で、高帯域幅位相ロックループ(PLL)アプリケーション用に設計されています。これらのデバイスはシングルエンドリファレンス(R)とVCO (V)入力を比較し、差動アップ(U)およびダウン(D)出力にパルスストリームを生成します。これらが積算されると、出力パルスストリームの差によって入力位相や周波数の差に比例する制御電圧が生成されます。最小ショートパルス期間の保証によって、ロック状態時の最小位相差が完全に不要になり、ループジッタ性能を向上させます。

    MAX9382/MAX9383は低伝搬/リセット遅延が特長で、高周波クロック同期用に最適です。MAX9382は100Kロジックレベルを使用し、VCC - VEE = 4.2V~5.5Vの電源電圧範囲で動作し、モトローラのMCK12140とピンコンパチブルです。MAX9383は10Hロジックレベルを使用し、VCC - VEE = 4.75V~5.5Vの電源電圧範囲で動作し、MCH12140とピンコンパチブルです。

    MAX9382/MAX9383は、業界標準の8ピンSOパッケージおよび省スペース8ピンµMAXパッケージで提供されます。

    簡略化されたブロック図

    MAX9382、MAX9383:ファンクションダイアグラム MAX9382、MAX9383:ファンクションダイアグラム Zoom icon

    技術資料

    データシート ECL/PECLフェーズ周波数検出器 Dec 13, 2002
    アプリケーションノート Phase-Lock Loop Applications Using the MAX9382

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。