先頭に戻る

4分周ピン選択可能、任意-LVPECL/LVDSトランスレータ

業界初、2.0GHz、任意-LVPECL/LVDSの4分周トランスレータ

製品の詳細

MAX9377/MAX9378は、それぞれ完全差動、高速、低ジッタ、任意からLVPECLへの、および任意からLVDSへのトランスレータで、選択可能な4分周機能を備えています。低伝搬遅延と高速性によって、これらのデバイスは最大2GHz (非分周モード時)の各種高速ネットワークルーティングおよびバックプレーンアプリケーションに最適です。

MAX9377/MAX9378は、電源レイル内のおよび最低振幅100mVの差動入力信号を受け入れます。入力は、LVDS、LVPECL、HSTL、およびCML差動信号規格に完全対応です。MAX9377の出力はLVPECLで、50Ω伝送ラインを駆動するのに十分な電流を供給します。MAX9378の出力はLVDSで、ANSI EIA/TIA-644 LVDS規格に準拠しています。

MAX9377/MAX9378は8ピンµMAXパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲においてシングル+3.3V電源電圧で動作します。

主な機能

  • 保証スイッチング周波数:2GHz
  • LVDS/LVPECL/任意入力に対応
  • ピン選択による4分周機能
  • 伝搬遅延:421ps (typ) (MAX9377)
  • パルススキュー:30ps (max)
  • ランダムジッタ:2psRMS (max)
  • 最小100mV差動入力のAC規格を保証
  • 温度補償LVPECL出力
  • 電源動作範囲:+3.0V~+3.6V
  • ESD保護:2kV以上(ヒューマンボディモデル) (HBM)

アプリケーション/用途

  • バックプレーン・ロジックスタンダード変換
  • DLC
  • DSLAM
  • ローカルエリアネットワーク(LAN)
  • WAN
Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) CML
HSTL
LVDS
LVPECL
Signal Type (Tx) LVPECL
Functions Level Translator
# Rx 1
# Tx 1
Propagation Delay (ps) (max) 600
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
-
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX9377、MAX9378:ファンクションダイアグラム MAX9377、MAX9378:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) CML
HSTL
LVDS
LVPECL
Signal Type (Tx) LVPECL
Functions Level Translator
# Rx 1
# Tx 1
Propagation Delay (ps) (max) 600
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
-

主な機能

  • 保証スイッチング周波数:2GHz
  • LVDS/LVPECL/任意入力に対応
  • ピン選択による4分周機能
  • 伝搬遅延:421ps (typ) (MAX9377)
  • パルススキュー:30ps (max)
  • ランダムジッタ:2psRMS (max)
  • 最小100mV差動入力のAC規格を保証
  • 温度補償LVPECL出力
  • 電源動作範囲:+3.0V~+3.6V
  • ESD保護:2kV以上(ヒューマンボディモデル) (HBM)

アプリケーション/用途

  • バックプレーン・ロジックスタンダード変換
  • DLC
  • DSLAM
  • ローカルエリアネットワーク(LAN)
  • WAN

説明

MAX9377/MAX9378は、それぞれ完全差動、高速、低ジッタ、任意からLVPECLへの、および任意からLVDSへのトランスレータで、選択可能な4分周機能を備えています。低伝搬遅延と高速性によって、これらのデバイスは最大2GHz (非分周モード時)の各種高速ネットワークルーティングおよびバックプレーンアプリケーションに最適です。

MAX9377/MAX9378は、電源レイル内のおよび最低振幅100mVの差動入力信号を受け入れます。入力は、LVDS、LVPECL、HSTL、およびCML差動信号規格に完全対応です。MAX9377の出力はLVPECLで、50Ω伝送ラインを駆動するのに十分な電流を供給します。MAX9378の出力はLVDSで、ANSI EIA/TIA-644 LVDS規格に準拠しています。

MAX9377/MAX9378は8ピンµMAXパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲においてシングル+3.3V電源電圧で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX9377、MAX9378:ファンクションダイアグラム MAX9377、MAX9378:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。