先頭に戻る

1:5差動LVPECL/LVECL/HSTLクロックおよびデータドライバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート 1:5差動LVPECL/LVECL/HSTLクロックおよびデータドライバ Nov 12, 2004
アプリケーションノート Applying HSTL Signals to PECL Input Devices
アプリケーションノート Applying HSTL Signals to PECL Input Devices

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 差動HSTL/LVPECLの動作電圧:+2.375V~+3.8V
  • 差動LVECLの動作電圧:-2.375V~-3.8V
  • 2つの選択可能な差動入力
  • 出力の同期イネーブル/ディセーブル
  • 出力間のスキュー:20ps
  • 伝搬遅延:360ps
  • 保証差動出力:400mV (1.5GHz時)
  • シングルエンド入力用のリファレンス内蔵
  • オープン時に入力をローにバイアス
  • MC100LVEP14とピンコンパチブル
  • アプリケーション/用途

    • 自動試験装置(ATE)
    • 電話局バックプレーンクロック分配
    • データおよびクロックドライバおよびバッファ
    • DSLAMバックプレーン
    • 低ジッタデータリピータ
    • 高精度クロック分配
    • ワイヤレス基地局

    説明

    MAX9315は、クロック/データ分配用に設計された低スキュー、1:5差動ドライバです。このデバイスでは、2個の入力の中から選択することができます。選択した入力は、5つの差動出力でリピートされます。内蔵VBB電源をリファレンス電圧として1つの入力に接続して、シングルエンド入力信号を受け入れるように差動入力を対応させることができます。

    MAX9315は出力間スキュー(20ps)が小さいため、バックプレーンや基板全体にわたるクロック/データ分配に最適です。差動HSTL/LVPECL信号とのインタフェースの場合は、このデバイスは+2.375V~+3.8Vの電源電圧範囲で動作し、+2.5Vまたは+3.3Vの公称電源電圧のシステムで高性能なクロック/データ分配を実現します。差動LVECL動作の場合は、このデバイスは-2.375V~-3.8Vの電源電圧で動作します。

    MAX9315は、省スペースの20ピンTSSOPパッケージで提供されます。

    簡易ブロック図

    MAX9315:標準動作回路 MAX9315:標準アプリケーション回路 Zoom icon

    技術資料

    データシート 1:5差動LVPECL/LVECL/HSTLクロックおよびデータドライバ Nov 12, 2004
    アプリケーションノート Applying HSTL Signals to PECL Input Devices
    アプリケーションノート Applying HSTL Signals to PECL Input Devices

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。