先頭に戻る

3.12Gbps GMSLデシリアライザ、同軸またはSTP入力およびLVDS出力用

同軸ケーブルが使用可能なデシリアライザで車載インフォテイメントにおける配線の重量とコストを削減

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) CML
LVDS
Signal Type (Tx) CML
Functions Deserializer
# Rx 1
Data Rates (Mbps) 3120
VSUPPLY (V) 1.8
3.3
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
0
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) CML
LVDS
Signal Type (Tx) CML
Functions Deserializer
# Rx 1
Data Rates (Mbps) 3120
VSUPPLY (V) 1.8
3.3
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • HDビデオアプリケーションに最適
    • 低コスト50Ω同軸ケーブルとFAKRAコネクタ、または100Ω STPで動作
    • 104MHzの広帯域幅モードによって24ビットカラーで1920 × 720p/60Hzディスプレイをサポート
    • イコライザによって15mケーブルでフルスピードが可能
    • 最大192kHzサンプルレートと32ビットサンプル深度で7.1チャネルHDオーディオに対応
    • オーディオソースまたはオーディオシンクからのオーディオクロック
    • カラールックアップテーブルによるガンマ補正
    • CNTL[3:0]制御出力
  • 複数のデータレートによるシステムの柔軟性
    • シリアルビットレート:最大3.12Gbps
    • ピクセルクロック:6.25MHz~104MHz
    • クロックストレッチ機能を備えたUART、UART-UART、UART-I2C、またはI2C-I2Cモードの制御チャネル:9.6kbps~1Mbps
  • EMIおよびシールド要件を軽減
    • 設定可能なスペクトラム拡散によってEMIを低減
    • 入力のスペクトラム拡散をトラッキング
    • 高耐性モードによって制御チャネルのノイズ除去を最大化
  • システムの起動と検証のためのペリフェラル機能
    • シリアルリンクのBER試験用PRBSテスタ内蔵
    • 設定によって9つのデフォルトデバイスアドレスを選択可能
    • 2つの専用GPIOポート
    • タッチスクリーン割込みおよびその他の用途に使用可能な専用「アップ/ダウン」 GPI
    • スリープモードからのリモート/ローカルウェイクアップ
  • 車載用および産業用の厳しい要件に適合
  • 動作温度:-40℃~+105℃
  • ISO 10605およびIEC 61000-4-2 ESD保護:±8kV接触および±15kV気中放電

アプリケーション/用途

  • 高解像度車載ナビゲーション
  • メガピクセルカメラシステム
  • 後部座席インフォテイメント

説明

ギガビットマルチメディアシリアルリンク(GMSL)デシリアライザのMAX9278/MAX9282は、50Ω同軸または100Ωシールドツイストペア(STP)ケーブル上でGMSLシリアライザからのデータを受信し、4つの中から3つのデータレーンLVDS出力(oLDI)上にデシリアライズされたデータを出力します。

MAX9282は、HDCPコンテンツ保護を備えていますが、それ以外はMAX9278と同じです。これらのデシリアライザは、同軸出力に対応した任意のGMSLシリアライザと組み合わせることができます。STP入力用に設定した場合、これらは任意のGMSLシリアライザに対して下位互換です。

オーディオチャネルは、L-PCM I2Sステレオ、およびTDMモードで最大8チャネルのL-PCMをサポートします。サンプルレートは32kHz~192kHzに対応し、サンプル深度は最大32ビットです。

内蔵の制御チャネルは、UART-UARTおよびUART-I2Cモードでは9.6kbps~1Mbpsで動作し、I2C-I2Cモードでは最大1Mbpsで動作します。µCはこの制御チャネルを使用して、ビデオタイミングに関係なく任意の時点でシリアライザ、デシリアライザ、およびペリフェラルデバイスのレジスタを設定し、HDCPの動作(MAX9282)を管理することが可能です。2つのGPIOポートが内蔵されており、ディスプレイの起動やバックライトの切替えなど各種の用途に使用することができます。GPI入力の継続的なサンプリングによって、ディスプレイアプリケーションでのタッチスクリーンコントローラの割込み要求に対応します。

より長いケーブルで使用するために、これらのデシリアライザは設定可能なケーブルイコライザを備えています。LVDS出力で設定可能なスペクトラム拡散が使用可能です。シリアル入力およびLVDS出力は、ISO 10605およびIEC 61000-4-2のESD規格に準拠しています。コア電源は3.0V~3.6Vで、I/O電源範囲は1.7V~3.6Vです。

これらのデバイスは、エクスポーズドパッドを備えた鉛フリーの48ピンTQFN (7mm × 7mm)および側面濡れ性TQFN (SWTQFN)パッケージ(0.5mmリードピッチ)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX9278、MAX9282:簡易ダイアグラム MAX9278、MAX9282:簡易ダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。