先頭に戻る

ギガビットマルチメディアシリアルリンク、スペクトラム拡散およびフルデュプレックス制御チャネル内蔵

制御チャネル内蔵のシングルリンクシリアライザ/デシリアライザチップセットはデジタルビデオアプリケーションに最適

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) CML
Signal Type (Tx) CML
Functions Serializer
# Rx 30
# Tx 1
Data Rates (Mbps) 2500
VSUPPLY (V) 1.8
3.3
Package/Pins TQFN/56
TQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
6.36
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) CML
Signal Type (Tx) CML
Functions Serializer
# Rx 30
# Tx 1
Data Rates (Mbps) 2500
VSUPPLY (V) 1.8
3.3
Package/Pins TQFN/56
TQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
6.36

主な特長

  • デジタルビデオアプリケーションに最適
    • 最大XGA (1280 x 768)またはデュアルビューWVGA (2 x 854 x 480)パネル、18または24ビットカラー
    • プリエンファシス/デエンファシスによって15mのケーブルでフルスピードが可能(最大192kHz、32ビットサンプルのI2S)
  • 複数のデータレートによってシステムの柔軟性を実現
    • シリアルビットレート:最大3.12Gbps
    • ピクセルクロック:6.25MHz~104MHz
    • UART/UART-I2C制御チャネル:最大1Mbps
  • EMIおよびシールド要件を軽減
    • シリアル出力は100mV~400mVに設定可能
    • 設定可能なスペクトラム拡散によってEMIを低減
    • バイパス可能な入力PLLによってジッタを減衰
  • システム検証のためのペリフェラル機能
    • シリアルリンクPRBS BERテスター内蔵
    • デシリアライザからシリアライザへの割込み送信
    • AEC-Q100の要件に適合
      • 動作温度範囲:-40℃~+105℃
      • ±10kV接触および25kV気中ISO 10605および
      • ±10kV IEC 61000-4-2 ESD保護

アプリケーション/用途

  • 車載ナビゲーション、インフォテイメント、および画像検出システム
  • ディスプレイ用、高速シリアルデータ伝送
  • 画像検出用、高速シリアルデータ伝送

説明

シリアライザのMAX9259は、デシリアライザのMAX9260との組合せで、高速ビデオ、オーディオ、および制御データの同時送信を実現します。

MAX9259/MAX9260は、15mのシールドツイストペア(STP)ケーブルの場合で最大3.125Gbpsで動作します。このシリアルリンクは、QVGA (320 x 240)から最大でXGA (1280 x 768)、またはデュアルビューWVGA (2 x 854 x 480)までのディスプレイパネルをサポートします。

内蔵のオーディオチャネルは、サンプル当り最大32ビット、サンプルレート192kHzのI2Sに対応します。内蔵の制御チャネルは、シリアライザとデシリアライザ間にフルデュプレックス、差動100kbps~1MbpsのUARTリンクを形成します。ホストの電子制御ユニット(ECU)またはマイクロコントローラ(µC)は、MAX9259側またはMAX9260側のいずれかに位置します。さらに、制御チャネルによって、ECU/µCはI2C/UARTを介してシリアルリンクのリモート側のペリフェラルを制御することができます。

プリエンファシスとチャネルイコライゼーションによってリンク長が延長され、リンクの信頼性が向上します。スペクトラム拡散を利用して、シリアルおよびパラレル出力データ信号のEMIを低減することができます。差動リンクはISO 10605およびIEC 61000-4-2 ESD保護規格に準拠しています。

MAX9259/MAX9260のコア電源は、それぞれ1.8Vと3.3Vです。いずれのデバイスも、1.8V~3.3VのI/O電源を使用します。これらのデバイスは、エクスポーズドパッドを備えた64ピンTQFPパッケージ(10mm x 10mm)および56ピンTQFN/QFNDパッケージ(8mm x 8mm x 0.75mm)で提供されます。電気的性能は-40℃~+105℃の自動車用温度範囲で保証されています。

簡易ブロック図

MAX9259、MAX9260:簡易ダイアグラム MAX9259、MAX9260:簡易ダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。