先頭に戻る

プログラマブルDCバランス、21ビットデシリアライザ

業界初、21ビット、プログラム可能なDCバランスデシリアライザが、3つのLVDSシリアルデータ入力を21のシングルエンドLVCMOS/LVTTL出力に非直列化

製品の詳細

MAX9210/MAX9214/MAX9220/MAX9222は、3つのLVDSシリアルデータ入力を21のシングルエンドLVCMOS/LVTTL出力に非シリアル化します。LVDSデータストリームで受信されたパラレルレートLVDSクロックは、非シリアル化用のタイミングを供給します。出力は独立した電源電圧を備え、1.8V~5Vの出力ロジックレベルを可能にします。

MAX9210/MAX9214/MAX9220/MAX9222はプログラマブルDCバランスを備えており、AC結合によってシリアライザとデシリアライザを分離することができます。デシリアライザは、シリアライザのMAX9209/MAX9213が送信したデータをデコードします。

MAX9210/MAX9214は立上りエッジ出力ストローブを備え、DCバランスが設定されていない場合は、DS90CR216AおよびDS90CR218Aなどの非DCバランスト21ビットデシリアライザとコンパチブルです。MAX9220/MAX9222は、立下りエッジ出力ストローブを備えています。

2つの周波数バージョンと2つのDCバランスデフォルト状態が用意され、普及している非DCバランストデシリアライザとの置換フレキシビリティと互換性が大きくなります。シングルエンド出力の遷移時間は、低周波バージョン製品(MAX9210/MAX9220)で長くなり、EMIを低下させます。LVDS入力はIEC 61000-4-2レベル4 ESD要件に適合し、気中放電では±15kV、接触放電では±8kVです。

MAX9210/MAX9214/MAX9220/MAX9222はTSSOPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

主な機能

  • プログラマブルなDCバランス、または非DCバランス
  • DCバランスにより入力コモンモード電圧の広範囲でAC結合を実現
  • 最低動作周波数:8MHz (MAX9210/MAX9220)
  • 立下りエッジ出力ストローブ(MAX9220/MAX9222)
  • 低速出力遷移によりEMIを低減(MAX9210/MAX9220)
  • アクティブローPWRDWNがローの際のハイインピーダンス出力により出力バスを実現
  • DS90CR216A/DS90CR218A (MAX9210/MAX9214)とピンコンパチブル
  • 非DCバランストモード時のフェイルセーフ入力
  • 5V許容アクティブローPWRDWN入力
  • 外付け部品が不要なPLL
  • 最大スループット:1.785Gbps
  • 独立した出力電源ピンにより1.8V、2.5V、3.3V、および5Vロジックとのインタフェース可能
  • LVDS入力はIEC 61000-4-2レベルおよびISO 10605 ESD要件と適合
  • LVDS入力はANSI TIA/EIA-644 LVDS規格に準拠
  • 薄型48ピンTSSOPパッケージ
  • メイン電源:+3.3V
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • デジタルコピー機
  • レーザプリンタ

簡略化されたブロック図

MAX9210、MAX9214、MAX9220、MAX9222:ファンクションダイアグラム MAX9210、MAX9214、MAX9220、MAX9222:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • プログラマブルなDCバランス、または非DCバランス
  • DCバランスにより入力コモンモード電圧の広範囲でAC結合を実現
  • 最低動作周波数:8MHz (MAX9210/MAX9220)
  • 立下りエッジ出力ストローブ(MAX9220/MAX9222)
  • 低速出力遷移によりEMIを低減(MAX9210/MAX9220)
  • アクティブローPWRDWNがローの際のハイインピーダンス出力により出力バスを実現
  • DS90CR216A/DS90CR218A (MAX9210/MAX9214)とピンコンパチブル
  • 非DCバランストモード時のフェイルセーフ入力
  • 5V許容アクティブローPWRDWN入力
  • 外付け部品が不要なPLL
  • 最大スループット:1.785Gbps
  • 独立した出力電源ピンにより1.8V、2.5V、3.3V、および5Vロジックとのインタフェース可能
  • LVDS入力はIEC 61000-4-2レベルおよびISO 10605 ESD要件と適合
  • LVDS入力はANSI TIA/EIA-644 LVDS規格に準拠
  • 薄型48ピンTSSOPパッケージ
  • メイン電源:+3.3V
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • デジタルコピー機
  • レーザプリンタ

説明

MAX9210/MAX9214/MAX9220/MAX9222は、3つのLVDSシリアルデータ入力を21のシングルエンドLVCMOS/LVTTL出力に非シリアル化します。LVDSデータストリームで受信されたパラレルレートLVDSクロックは、非シリアル化用のタイミングを供給します。出力は独立した電源電圧を備え、1.8V~5Vの出力ロジックレベルを可能にします。

MAX9210/MAX9214/MAX9220/MAX9222はプログラマブルDCバランスを備えており、AC結合によってシリアライザとデシリアライザを分離することができます。デシリアライザは、シリアライザのMAX9209/MAX9213が送信したデータをデコードします。

MAX9210/MAX9214は立上りエッジ出力ストローブを備え、DCバランスが設定されていない場合は、DS90CR216AおよびDS90CR218Aなどの非DCバランスト21ビットデシリアライザとコンパチブルです。MAX9220/MAX9222は、立下りエッジ出力ストローブを備えています。

2つの周波数バージョンと2つのDCバランスデフォルト状態が用意され、普及している非DCバランストデシリアライザとの置換フレキシビリティと互換性が大きくなります。シングルエンド出力の遷移時間は、低周波バージョン製品(MAX9210/MAX9220)で長くなり、EMIを低下させます。LVDS入力はIEC 61000-4-2レベル4 ESD要件に適合し、気中放電では±15kV、接触放電では±8kVです。

MAX9210/MAX9214/MAX9220/MAX9222はTSSOPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX9210、MAX9214、MAX9220、MAX9222:ファンクションダイアグラム MAX9210、MAX9214、MAX9220、MAX9222:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。