先頭に戻る

27ビット、7MHz~35MHz、DCバランス型LVDSデシリアライザ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) LVDS
Signal Type (Tx) LVCMOS
Functions Deserializer
# Rx 1
# Tx 27
Data Rates (Mbps) 700
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins LQFP/48
TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
5.84
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) LVDS
Signal Type (Tx) LVCMOS
Functions Deserializer
# Rx 1
# Tx 27
Data Rates (Mbps) 700
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins LQFP/48
TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
5.84

主な特長

  • 独自のデータ復号化によるDCバランスとEMIの低減を実現
  • 制御データをビデオブランキング時に非シリアル化
  • 5つの制御データ入力は単一ビット誤りを排除
  • 出力遷移時間は動作周波数に応じてスケーリングされ、EMIを低減
  • スタッガー出力スイッチングによりEMIが低減
  • 出力イネーブルによって出力をバス形式とすることが可能
  • Lock端子によるクロックパルス拡張
  • 広いリファレンスクロック許容範囲:±2%
  • 外部からの制御なしでシリアライザMAX9217に同期
  • ISO 10605 ESD保護
  • 独立した出力電源端子により1.8V~3.3Vのロジックとのインタフェースを実現
  • コア電源:+3.3V
  • 省スペースTQFNおよびLQFPパッケージ
  • 動作温度:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • 車載用エンタテイメントシステム
  • LCDディスプレイ
  • ナビゲーションシステムディスプレイ
  • ビデオカメラ

説明

ディジタルビデオシリアル-パラレルコンバータのMAX9218は、データおよび制御位相時に計27ビットを非シリアル化します。データ位相ではLVDSシリアル入力は18ビットのパラレルビデオデータに変換され、制御位相では入力は9ビットのパラレル制御データに変換されます。ビデオと制御位相を独立させたため、ビデオタイミングを利用して、シリアルデータレートを低下させています。MAX9218はシリアライザのMAX9217とペアになって、ディジタルビデオ送信システム全体を構成します。

独自のデータ復号化によってEMIが低減し、DCバランスが行われます。DCバランスによってAC結合が実現し、インタフェースの送信端と受信端間のアイソレーションが行われます。MAX9218は、出力ラッチのエッジを立上りまたは立下りに選択可能です。

ESD耐性は、±10kVの接触放電と±30kVの空中放電でISO 10605に対して保証されています。

MAX9218は+3.3Vのコア電源で動作し、1.8V~3.3Vのロジックレベル入力とインタフェースするための独立した出力用電源端子を備えています。このデバイスは48ピンのTQFNおよびLQFPパッケージで提供され、-40℃~+85℃の動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX9218:ファンクションダイアグラム MAX9218:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。