先頭に戻る

プログラマブルDCバランス、21ビットシリアライザ

業界初、21ビット、プログラム可能な、DCバランスシリアライザおよびデシリアライザチップセット

製品の詳細

MAX9209/MAX9213は、21ビットのLVTTL/LVCMOSパラレル入力データを3つのLVDS出力にシリアル変換します。4番目のLVDS出力のパラレルレートクロックは、非シリアル化用のタイミングを提供します。

MAX9209/MAX9213はプログラマブルDCバランスを備え、AC結合によってシリアライザとデシリアライザを分離することができます。各チャネルのDCバランス回路はデータをコード化して、送信された1と0の不均衡を設定範囲内に収めます。ペアのMAX9210/MAX9214デシリアライザによって、データはデコードされます。DCバランスが設定されていない場合は、これらのシリアライザは、DS90CR215およびDS90CR217などの非DCバランスト、21ビットシリアライザとコンパチブルです。

2つの周波数範囲と2つのDCバランスデフォルト状態が用意され、既存の非DCバランストシリアライザとの置換のフレキシビリティおよび互換性が高まります。

MAX9209/MAX9213はTSSOPおよび省スペースTQFNパッケージで提供されています。

主な機能

  • プログラマブルなDCバランストまたは非DCバランスト動作
  • DCバランスにより、許容グランドシフト内のAC結合実現
  • 最低動作周波数:8MHz
  • DS90CR215およびDS90CR217とピンコンパチブル(非DCバランストモード時)
  • 内蔵110Ω (DCバランスト)および410Ω (非DCバランスト)出力抵抗
  • 5V許容LVTTL/LVCMOSデータ入力
  • 外付け部品が不要なPLL
  • 最大スループット:1.785Gbps
  • LVDS出力はIEC 61000-4-2およびISO 10605要件と適合
  • LVDS出力はANSI TIA/EIA-644 LVDS規格に準拠
  • 薄型48ピンTSSOPおよび省スペースTQFNパッケージ
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • 電源:+3.3V

アプリケーション/用途

  • 車載DVDエンタテイメントシステム
  • 車載用ナビゲーションシステム
  • デジタルコピー機
  • レーザプリンタ
Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) LVCMOS
LVTTL
Signal Type (Tx) LVDS
Functions Serializer
# Rx 21
# Tx 3
Data Rates (Mbps) 600
Propagation Delay (ps) (max) 7200
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
$6.17 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX9209、MAX9213:ファンクションダイアグラム MAX9209、MAX9213:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX9209/MAX9244の評価キット(EVキット)は、21ビットプログラマブルDCバランスシリアライザのMAX9209、およびプログラマブルスペクトル拡散およびDCバランスを備えた21ビットデシリアライザのMAX9244を評価するための実証済みの設計を提供します。MAX9209は、21ビットのLVCMOS/LVTTLパラレル入力データを3つのLVDS出力にシリアライズします。MAX9244は、MAX9209からの3つのLVDS入力データをデシリアライズし、21ビットのLVCMOS/LVTTLパラレルデータに変換します。

MAX9209/MAX9244のEVキットの回路は、1つのPCBに実装され、MAX9209EUM+およびMAX9244EUM+が搭載された状態で提供されます。

詳細を見る

特長

  • 21ビットパラレルLVCMOS/LVTTLインタフェース
  • カスタムケーブル付き8芯コネクタ
  • MAX9209/MAX9244シリアライザ/デシリアライザ(SerDes)を個別に評価
  • 鉛フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みのPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX9209/MAX9244の評価キット(EVキット)は、21ビットプログラマブルDCバランスシリアライザのMAX9209、およびプログラマブルスペクトル拡散およびDCバランスを備えた21ビットデシリアライザのMAX9244を評価するための実証済みの設計を提供します。MAX9209は、21ビットのLVCMOS/LVTTLパラレル入力データを3つのLVDS出力にシリアライズします。MAX9244は、MAX9209からの3つのLVDS入力データをデシリアライズし、21ビットのLVCMOS/LVTTLパラレルデータに変換します。

MAX9209/MAX9244のEVキットの回路は、1つのPCBに実装され、MAX9209EUM+およびMAX9244EUM+が搭載された状態で提供されます。

詳細を見る

特長

  • 21ビットパラレルLVCMOS/LVTTLインタフェース
  • カスタムケーブル付き8芯コネクタ
  • MAX9209/MAX9244シリアライザ/デシリアライザ(SerDes)を個別に評価
  • 鉛フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みのPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for High-Speed Interconnect (Differential Signaling)
Signal Type (Rx) LVCMOS
LVTTL
Signal Type (Tx) LVDS
Functions Serializer
# Rx 21
# Tx 3
Data Rates (Mbps) 600
Propagation Delay (ps) (max) 7200
VSUPPLY (V) 3.3
Package/Pins TQFN/48
Budgetary
Price (See Notes)
$6.17 @1k

主な機能

  • プログラマブルなDCバランストまたは非DCバランスト動作
  • DCバランスにより、許容グランドシフト内のAC結合実現
  • 最低動作周波数:8MHz
  • DS90CR215およびDS90CR217とピンコンパチブル(非DCバランストモード時)
  • 内蔵110Ω (DCバランスト)および410Ω (非DCバランスト)出力抵抗
  • 5V許容LVTTL/LVCMOSデータ入力
  • 外付け部品が不要なPLL
  • 最大スループット:1.785Gbps
  • LVDS出力はIEC 61000-4-2およびISO 10605要件と適合
  • LVDS出力はANSI TIA/EIA-644 LVDS規格に準拠
  • 薄型48ピンTSSOPおよび省スペースTQFNパッケージ
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • 電源:+3.3V

アプリケーション/用途

  • 車載DVDエンタテイメントシステム
  • 車載用ナビゲーションシステム
  • デジタルコピー機
  • レーザプリンタ

説明

MAX9209/MAX9213は、21ビットのLVTTL/LVCMOSパラレル入力データを3つのLVDS出力にシリアル変換します。4番目のLVDS出力のパラレルレートクロックは、非シリアル化用のタイミングを提供します。

MAX9209/MAX9213はプログラマブルDCバランスを備え、AC結合によってシリアライザとデシリアライザを分離することができます。各チャネルのDCバランス回路はデータをコード化して、送信された1と0の不均衡を設定範囲内に収めます。ペアのMAX9210/MAX9214デシリアライザによって、データはデコードされます。DCバランスが設定されていない場合は、これらのシリアライザは、DS90CR215およびDS90CR217などの非DCバランスト、21ビットシリアライザとコンパチブルです。

2つの周波数範囲と2つのDCバランスデフォルト状態が用意され、既存の非DCバランストシリアライザとの置換のフレキシビリティおよび互換性が高まります。

MAX9209/MAX9213はTSSOPおよび省スペースTQFNパッケージで提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX9209、MAX9213:ファンクションダイアグラム MAX9209、MAX9213:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。