先頭に戻る

670MHz、LVDS-LVDSおよび任意-LVDS 1:2スプリッタ

業界初、670MHz、任意-LVDSスプリッタ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ジッタ:1.0ps(RMS) (max) (670MHz時)
  • ジッタ:80ps(P-P) (max) (800Mbpsデータ速度時)
  • 電源電圧:+3.3V
  • LVDSフェイルセーフ入力(MAX9174)
  • 任意入力(MAX9175)により差動CML/LVDS/LVPECLに対応
  • パワーダウン入力は-1.0VおよびVCC + 1.0Vを許容
  • 低電力CMOS設計
  • 10ピンµMAXおよびTQFNパッケージ
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • ANSI TIA/EIA-644 LVDS規格に準拠
  • IEC 61000-4-2 Level 4 ESD定格

アプリケーション/用途

  • クロック分配
  • ループバック
  • 保護スイッチング

説明

MAX9174/MAX9175は670MHz、低ジッタ、低スキュー、1:2スプリッタで、保護スイッチング、ループバック、およびクロック/信号分配に最適です。これらのデバイスは1.0ps(RMS) (max)の超低ランダムジッタを備えており、タイミングエラーに影響されやすい高速リンクで信頼性の高い動作を実現します。

MAX9174は、フェイルセーフLVDS入力およびLVDS出力を備えています。MAX9175は、任意の差動入力(CML/LVDS/LVPECL)およびLVDS出力を備えています。パワーダウン入力によって、出力をハイインピーダンス状態にすることができます。MAX9174はフェイルセーフ回路を内蔵しているため、入力がオープン、無駆動で短絡、無駆動で終端時に、出力がハイになります。MAX9175はバイアス回路を備え、選択された入力がオープン時に出力がハイになります。パワーダウン入力は、標準LVTTL/LVCMOSロジックに対応します。このパワーダウン入力は、-1VのアンダシュートおよびVCC + 1Vのオーバシュートを許容します。MAX9174/MAX9175は10ピンµMAXおよび裏面放熱パッド付10ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲において+3.3Vの単一電源で動作します。

簡易ブロック図

MAX9174、MAX9175:標準アプリケーション回路 MAX9174、MAX9175:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。