先頭に戻る

産業用アナログ電流/電圧出力コンディショナ

業界初の設定可能な出力―電流最大±24mAまたは電圧最大±12V

製品の詳細

アナログ出力コンディショナのMAX15500/MAX15501は、最大±24mAの設定可能な電流または最大±12Vの電圧を、制御電圧信号に比例して提供します。制御電圧は、通常、出力電圧範囲が0~4.096V (MAX15500)および2.5V (MAX15501)の外付けDACによって供給されます。出力電流および電圧は、ユニポーラまたはバイポーラのいずれとしても選択可能です。ユニポーラ構成では、5%フルスケール(FS)の制御電圧は公称0Aまたは0Vの出力を生成し、アンダーレンジ性能を達成します。100%FSの制御電圧は、2つの設定可能なレベル(105%FSまたは120%FS)の1つを生成し、オーバーレンジ性能を達成します。MAX15500/MAX15501の出力は、過電流状態、およびグランドまたは最大±35Vの電源電圧への短絡から保護されています。また、各デバイスは過熱や電源瞬断状態も監視します。電源瞬断スレッショルドは設定可能です。

MAX15500/MAX15501は、デイジーチェーン動作が可能なSPI™インタフェースを通じて設定されます。MAX15500/MAX15501は、SPIインタフェースを通じた充実したエラー報告および追加のオープンドレイン割込み出力を備えています。各デバイスは、負荷状態を監視するためのアナログ出力を備えています。

MAX15500/MAX15501は、-40℃~+105℃の温度範囲で動作します。これらのデバイスは、5mm x 5mmの32ピンTQFNパッケージで提供されます。

主な機能

  • 電源電圧:±32.5V (max)
  • 出力保護:±35V (max)
  • 設定可能な出力(およびオーバーレンジ)
    • ±10V
    • 0~10V
    • 0~5V
    • ±20mA
    • 0~20mA
    • 4~20mA
  • 電流出力:0~1kΩを駆動
  • 電圧出力によって最低1kΩまでの負荷を駆動
  • HART準拠
  • 利得誤差ドリフト:2ppm (全温度範囲)
  • デイジーチェーン可能なSPIインタフェース
  • +4.096V (MAX15500)または+2.5V (MAX15501)のフルスケール入力信号をサポート
  • 充実したエラー報告
    • 短絡および過電流保護
    • オープン検出
    • 瞬断検出
    • 温度過昇保護
  • 高速セトリング時間:40µs

アプリケーション/用途

  • 分配I/O
  • 組込みシステム
  • 産業用制御およびオートメーション
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)
Parametric specs for Programmable Voltage and Current Drivers
Analog Supply Voltage (V) (min) -32.5
Analog Supply Voltage (V) (max) 32.5
Analog Output Range (±V) (Voltage) 10
Analog Output Range (±mA) (Current) 20
Over Voltage Protection (V) ±35
Gain Error (±%FS) (Current Mode, max) 0.5
Gain Error (±%FS) (Voltage Mode, max) 0.51
Analog Input Full Scale (V) (typ) 4.096
Max Settling Time (µs) (FS Current, typ) 500
Max Settling Time (µs) (FS Voltage, typ) 1000
Max. Load Resistance (Ω) (Current Mode) 1000
Max. Load Inductance (mH) (Current Mode) 15
Max. Load Capacitance (µF) (Current Mode) 100
Min. Resistive Load (Ω) (Voltage Mode) 1000
Max. Capacitive Load (µF) (Voltage Mode) 100
Over Temperature Threshold (°C) 150
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
$3.18 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX15500、MAX15501:標準動作回路/ファンクションダイアグラム MAX15500、MAX15501:標準動作回路/ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX15501の評価キット(EVキット)は、最大±24mAの設定可能な電流、または制御電圧信号に比例した最大±12Vの電圧を供給するアナログ出力コンディショナのMAX15501を評価するための実証済みのデザインを提供します。このEVキットはWindows® 2000、Windows XP®、およびWindows Vista®対応のソフトウェアも備えており、MAX15501の各機能を実行するためのシンプルなグラフィカルユーザインタフェース(GUI)が提供されます。

MAX15501のEVキットには、MAX15501GTJ+が実装されています。ピンコンパチブルのMAX15500GTJ+の評価には、そのデバイスの無料サンプルを請求してください。

詳細を見る

特長

  • 16ビットDAC内蔵
  • 電圧リファレンス内蔵:+2.5V (MAX15501)および+4.096V (MAX15500)
  • 4つのジャンパ選択可能な検出抵抗内蔵:41.2Ω、42.2Ω、47.5Ω、および48.7Ω
  • 端末ブロックコネクタ:OUT、GND、SENSEVP、およびSENSEVN信号用
  • Windows 2000、Windows XP、およびWindows Vista (32ビット)対応のソフトウェア
  • USB-PC接続(ケーブル同梱)
  • 実証済みのPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

$99.75

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Programmable Voltage and Current Drivers
Analog Supply Voltage (V) (min) -32.5
Analog Supply Voltage (V) (max) 32.5
Analog Output Range (±V) (Voltage) 10
Analog Output Range (±mA) (Current) 20
Over Voltage Protection (V) ±35
Gain Error (±%FS) (Current Mode, max) 0.5
Gain Error (±%FS) (Voltage Mode, max) 0.51
Analog Input Full Scale (V) (typ) 4.096
Max Settling Time (µs) (FS Current, typ) 500
Max Settling Time (µs) (FS Voltage, typ) 1000
Max. Load Resistance (Ω) (Current Mode) 1000
Max. Load Inductance (mH) (Current Mode) 15
Max. Load Capacitance (µF) (Current Mode) 100
Min. Resistive Load (Ω) (Voltage Mode) 1000
Max. Capacitive Load (µF) (Voltage Mode) 100
Over Temperature Threshold (°C) 150
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
$3.18 @1k

主な機能

  • 電源電圧:±32.5V (max)
  • 出力保護:±35V (max)
  • 設定可能な出力(およびオーバーレンジ)
    • ±10V
    • 0~10V
    • 0~5V
    • ±20mA
    • 0~20mA
    • 4~20mA
  • 電流出力:0~1kΩを駆動
  • 電圧出力によって最低1kΩまでの負荷を駆動
  • HART準拠
  • 利得誤差ドリフト:2ppm (全温度範囲)
  • デイジーチェーン可能なSPIインタフェース
  • +4.096V (MAX15500)または+2.5V (MAX15501)のフルスケール入力信号をサポート
  • 充実したエラー報告
    • 短絡および過電流保護
    • オープン検出
    • 瞬断検出
    • 温度過昇保護
  • 高速セトリング時間:40µs

アプリケーション/用途

  • 分配I/O
  • 組込みシステム
  • 産業用制御およびオートメーション
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)

説明

アナログ出力コンディショナのMAX15500/MAX15501は、最大±24mAの設定可能な電流または最大±12Vの電圧を、制御電圧信号に比例して提供します。制御電圧は、通常、出力電圧範囲が0~4.096V (MAX15500)および2.5V (MAX15501)の外付けDACによって供給されます。出力電流および電圧は、ユニポーラまたはバイポーラのいずれとしても選択可能です。ユニポーラ構成では、5%フルスケール(FS)の制御電圧は公称0Aまたは0Vの出力を生成し、アンダーレンジ性能を達成します。100%FSの制御電圧は、2つの設定可能なレベル(105%FSまたは120%FS)の1つを生成し、オーバーレンジ性能を達成します。MAX15500/MAX15501の出力は、過電流状態、およびグランドまたは最大±35Vの電源電圧への短絡から保護されています。また、各デバイスは過熱や電源瞬断状態も監視します。電源瞬断スレッショルドは設定可能です。

MAX15500/MAX15501は、デイジーチェーン動作が可能なSPI™インタフェースを通じて設定されます。MAX15500/MAX15501は、SPIインタフェースを通じた充実したエラー報告および追加のオープンドレイン割込み出力を備えています。各デバイスは、負荷状態を監視するためのアナログ出力を備えています。

MAX15500/MAX15501は、-40℃~+105℃の温度範囲で動作します。これらのデバイスは、5mm x 5mmの32ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX15500、MAX15501:標準動作回路/ファンクションダイアグラム MAX15500、MAX15501:標準動作回路/ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。