先頭に戻る

割込みおよびホットスワップ保護付き、2線式インタフェース、16ビット、I/Oポートエキスパンダ

製品の詳細

MAX7318は2線式インタフェースのエキスパンダで、SMBus™およびI²Cアプリケーション用に16ビットパラレル入出力(I/O)ポート拡張を行います。MAX7318は、入力ポートレジスタ、出力ポートレジスタ、極性反転レジスタ、設定レジスタ、およびSMBusと互換性があるI²C対応のシリアルインタフェースロジックから構成されています。システムマスタは極性反転レジスタにアクティブハイを書き込むことによって、MAX7318の入力データを反転することができます。

すべての16個のI/Oポートは入力または出力として設定することができます。パワーオンリセット(POR)によって、16個のI/Oは入力として初期化されます。3個のアドレス選択ピンを使って、64個の固有のスレーブIDアドレスを設定します。

MAX7318はホットスワップに対応しています。すべてのポートピン、アクティブローINT出力、SDA、SCL、およびスレーブアドレス入力AD0-2は、パワーダウン(V+ = 0V)時にハイインピーダンスが維持されます(これらには最大6Vまで印加可能です)。

MAX7318は24ピンSO、SSOP、TSSOP、およびTQFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

SMBusタイムアウト機能が必要なアプリケーションについては、MAX7311のデータシートを参照してください。

主な機能

  • 400kbpsのI²C対応シリアルインタフェース
  • 動作電圧:2V~5.5V
  • 5.5Vまでの過電圧に対して保護されたI/O
  • ホットスワップ対応
  • 電源投入時にデフォルトで入力になる16個のI/Oピン
  • 各I/Oのプルアップ:100kΩ
  • オープンドレイン割込み出力(アクティブローINT)
  • SCL/SDA入力部にノイズフィルタ内蔵
  • 64個のスレーブIDアドレスを提供
  • 低スタンバイ電流:5.4µA (typ)
  • 極性反転
  • 4mm x 4mm x 0.8mmのTQFNパッケージ
  • 動作温度:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • 産業用制御
  • 計測および試験測定
  • 医療用機器
  • PLC
  • RAIDシステム
  • サーバ
Parametric specs for I/O Port Expanders
Interface Serial 2-Wire 400kbit
I/O 16
Interrupt Output Yes
Over Voltage Protection (V) 5.5
Drive Current (mA) 40
VSUPPLY (V) (min) 2
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Package/Pins SOIC (W)/24
SSOP/24
TQFN/24
TSSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
$2.43 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX7318:ブロックダイアグラム MAX7318:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX7318の評価キット(EVキット)は、入力またはプッシュプル出力として設定可能なポート付き、I²C対応16ビットI/OポートエキスパンダのMAX7318を評価するための実証済みデザインを提供します。また、このEVキットは、Windows® 2000/XP/Vista®対応ソフトウェアも備え、MAX7318の各機能を実行するための簡易なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。MAX7318のEVキットのPCBには、MAX7318ATG+が実装されています。

詳細を見る

特長

  • Windows 2000/XP/Vista (32ビット)対応の評価ソフトウェア
  • USB-PC接続(ケーブル同梱)
  • USB給電
  • 入力またはプッシュプル出力として設定可能
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み
  • 鉛フリーおよびRoHS準拠
  • プッシュボタンスイッチ搭載
  • GPIOのプッシュ/プル機能検証用のLEDを搭載

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for I/O Port Expanders
Interface Serial 2-Wire 400kbit
I/O 16
Interrupt Output Yes
Over Voltage Protection (V) 5.5
Drive Current (mA) 40
VSUPPLY (V) (min) 2
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Package/Pins SOIC (W)/24
SSOP/24
TQFN/24
TSSOP/24
Budgetary
Price (See Notes)
$2.43 @1k

主な機能

  • 400kbpsのI²C対応シリアルインタフェース
  • 動作電圧:2V~5.5V
  • 5.5Vまでの過電圧に対して保護されたI/O
  • ホットスワップ対応
  • 電源投入時にデフォルトで入力になる16個のI/Oピン
  • 各I/Oのプルアップ:100kΩ
  • オープンドレイン割込み出力(アクティブローINT)
  • SCL/SDA入力部にノイズフィルタ内蔵
  • 64個のスレーブIDアドレスを提供
  • 低スタンバイ電流:5.4µA (typ)
  • 極性反転
  • 4mm x 4mm x 0.8mmのTQFNパッケージ
  • 動作温度:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • 産業用制御
  • 計測および試験測定
  • 医療用機器
  • PLC
  • RAIDシステム
  • サーバ

説明

MAX7318は2線式インタフェースのエキスパンダで、SMBus™およびI²Cアプリケーション用に16ビットパラレル入出力(I/O)ポート拡張を行います。MAX7318は、入力ポートレジスタ、出力ポートレジスタ、極性反転レジスタ、設定レジスタ、およびSMBusと互換性があるI²C対応のシリアルインタフェースロジックから構成されています。システムマスタは極性反転レジスタにアクティブハイを書き込むことによって、MAX7318の入力データを反転することができます。

すべての16個のI/Oポートは入力または出力として設定することができます。パワーオンリセット(POR)によって、16個のI/Oは入力として初期化されます。3個のアドレス選択ピンを使って、64個の固有のスレーブIDアドレスを設定します。

MAX7318はホットスワップに対応しています。すべてのポートピン、アクティブローINT出力、SDA、SCL、およびスレーブアドレス入力AD0-2は、パワーダウン(V+ = 0V)時にハイインピーダンスが維持されます(これらには最大6Vまで印加可能です)。

MAX7318は24ピンSO、SSOP、TSSOP、およびTQFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

SMBusタイムアウト機能が必要なアプリケーションについては、MAX7311のデータシートを参照してください。

簡略化されたブロック図

MAX7318:ブロックダイアグラム MAX7318:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。