先頭に戻る

LED輝度制御、割込み、およびホットスワップ保護付き、8ポートI/Oエキスパンダ

製品の詳細

I²C/SMBus™対応のシリアルインタフェース周辺回路のMAX7315は、マイクロプロセッサに8個のI/Oポートを供給します。各I/Oポートは、50mAおよび5.5V定格のオープンドレイン型の電流シンク出力、または変化検出機能付きロジック入力として個別設定することができます。9番目のポートを変化検出割込み用、または汎用の出力として使用することができます。出力はLEDを直接駆動するか、または外付け抵抗を最大5.5Vにプルアップしてロジック出力として供給することができます。

8ビットで制御を行うPWM方式の電流駆動回路が内蔵されています。そのうちの4ビットはグローバル制御用であり、全LED出力に適用され、完全オフから完全オンまで14の輝度ステップで電流を粗調整します。さらに各出力は個別に4ビットで制御され、グローバル設定された電流は、さらに16のステップに分割されます。あるいは、全出力を一度に設定する単一の8ビット制御として同時に電流制御を設定することもできます。

MAX7315は、PCA9534およびPCA9554(A)とピン/ソフトウェアコンパチブルです。

各出力は、2つのブリンク位相付きブリンクタイミングを個別に備えています。すべてのLEDをどちらのブリンク位相時にもオンまたはオフになるように、またはブリンク制御を無視するように個別設定することができます。ブリンク周期は、レジスタによって制御することができます。

MAX7315はホットスワップに対応しています。 全ポートピン、アクティブローINT出力、SDA、SCL、およびスレーブアドレス入力AD0~2はパワーダウン(V+ = 0V)時、最大6Vアサートされた状態でハイインピーダンスを維持します。

MAX7315は2線式I²C/SMBusシリアルインタフェースを使って制御され、64個のI²Cアドレスのうちのいずれか1つに設定することができます。

主な機能

  • 400kbpsの2線式シリアルインタフェース、5.5V耐圧
  • 動作電圧:2V~3.6V
  • 包括的な8ビットPWM方式LED輝度制御
    • グローバルな16ステップの輝度制御
    • 個別の16ステップの輝度制御
  • 自動2相LEDブリンク
  • 最大ポート出力電流:50mA
  • 5.5V定格のオープンドレイン型出力
  • 入力は最大5.5Vまでの過電圧保護
  • 割込み出力付き変化検出
  • 低スタンバイ電流:1.2µA (typ)、3.3µA (max)
  • 小型、3mm x 3mmのTQFNパッケージ
  • 温度範囲:-40℃~+125℃
  • 全ポートを入力または出力として設定可能

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • キーパッドバックライト
  • ラップトップコンピュータ
  • LCDバックライト
  • LEDステータス表示
  • ポータブル機器
  • RGB LEDドライバ
Parametric specs for I/O Port Expanders
Interface Serial 2-Wire 400kbit
Outputs 1
I/O 8
Interrupt Output Yes
Over Voltage Protection (V) 5.5
Drive Current (mA) 50
VSUPPLY (V) (min) 2
VSUPPLY (V) (max) 3.6
Package/Pins QSOP/16
TQFN/16
TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
$1.55 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX7315:標準アプリケーション回路 MAX7315:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX7315の評価キット(EVキット)は、LED輝度制御、割込み、およびホットスワップ保護付き8ポートI/OエキスパンダのMAX7315の機能を検証する完全実装および試験済み回路ボードです。また、MAX7315のEVキットは、MAX7315の機能を実行するための簡易なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えるWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアも同梱しています。

MAX7315の評価システム(EVシステム)は、MAX7315のEVキットと、対になるCMAXQUSBシリアルインタフェースボードから構成されています。CMAXQUSBインタフェースボードを使って、PCがUSBポートを使ってI²Cインタフェースを制御することができます。MAX7315をPCベースで総合評価をするには、MAX7315EVCMAXQU+をお求めください。MAX7315対応シリアルインタフェースをすでにお持ちの場合は、MAX7315EVKIT+をお求めください。

詳細を見る

特長

  • 400kHzの5.5V耐圧、2線式シリアルインタフェース
  • 動作電圧:2V~3.6V
  • 大出力電流:1ポート当り50mA (max)
  • 5.5V定格のオープンドレイン型出力
  • 実証済みのPCBレイアウト
  • Windows 98SE/2000/XP対応の評価ソフトウェア同梱
  • 完全実装および試験済み
  • EVシステムはUSB接続を搭載
  • /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    Parametric specs for I/O Port Expanders
    Interface Serial 2-Wire 400kbit
    Outputs 1
    I/O 8
    Interrupt Output Yes
    Over Voltage Protection (V) 5.5
    Drive Current (mA) 50
    VSUPPLY (V) (min) 2
    VSUPPLY (V) (max) 3.6
    Package/Pins QSOP/16
    TQFN/16
    TSSOP/16
    Budgetary
    Price (See Notes)
    $1.55 @1k

    主な機能

    • 400kbpsの2線式シリアルインタフェース、5.5V耐圧
    • 動作電圧:2V~3.6V
    • 包括的な8ビットPWM方式LED輝度制御
      • グローバルな16ステップの輝度制御
      • 個別の16ステップの輝度制御
    • 自動2相LEDブリンク
    • 最大ポート出力電流:50mA
    • 5.5V定格のオープンドレイン型出力
    • 入力は最大5.5Vまでの過電圧保護
    • 割込み出力付き変化検出
    • 低スタンバイ電流:1.2µA (typ)、3.3µA (max)
    • 小型、3mm x 3mmのTQFNパッケージ
    • 温度範囲:-40℃~+125℃
    • 全ポートを入力または出力として設定可能

    アプリケーション/用途

    • 携帯電話
    • キーパッドバックライト
    • ラップトップコンピュータ
    • LCDバックライト
    • LEDステータス表示
    • ポータブル機器
    • RGB LEDドライバ

    説明

    I²C/SMBus™対応のシリアルインタフェース周辺回路のMAX7315は、マイクロプロセッサに8個のI/Oポートを供給します。各I/Oポートは、50mAおよび5.5V定格のオープンドレイン型の電流シンク出力、または変化検出機能付きロジック入力として個別設定することができます。9番目のポートを変化検出割込み用、または汎用の出力として使用することができます。出力はLEDを直接駆動するか、または外付け抵抗を最大5.5Vにプルアップしてロジック出力として供給することができます。

    8ビットで制御を行うPWM方式の電流駆動回路が内蔵されています。そのうちの4ビットはグローバル制御用であり、全LED出力に適用され、完全オフから完全オンまで14の輝度ステップで電流を粗調整します。さらに各出力は個別に4ビットで制御され、グローバル設定された電流は、さらに16のステップに分割されます。あるいは、全出力を一度に設定する単一の8ビット制御として同時に電流制御を設定することもできます。

    MAX7315は、PCA9534およびPCA9554(A)とピン/ソフトウェアコンパチブルです。

    各出力は、2つのブリンク位相付きブリンクタイミングを個別に備えています。すべてのLEDをどちらのブリンク位相時にもオンまたはオフになるように、またはブリンク制御を無視するように個別設定することができます。ブリンク周期は、レジスタによって制御することができます。

    MAX7315はホットスワップに対応しています。 全ポートピン、アクティブローINT出力、SDA、SCL、およびスレーブアドレス入力AD0~2はパワーダウン(V+ = 0V)時、最大6Vアサートされた状態でハイインピーダンスを維持します。

    MAX7315は2線式I²C/SMBusシリアルインタフェースを使って制御され、64個のI²Cアドレスのうちのいずれか1つに設定することができます。

    簡略化されたブロック図

    MAX7315:標準アプリケーション回路 MAX7315:標準アプリケーション回路 Zoom icon

    技術資料

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。