先頭に戻る

2線式インタフェース、2.5V~5.5V、20ポートまたは28ポート、I/Oエキスパンダ

製品の詳細

MAX7300は小型シリアルインタフェースI/O拡張ペリフェラルで、マイクロプロセッサに最大28個のポートを供給します。各ポートでは、ロジック入力およびロジック出力をユーザが個別設定することができます。

各ポートは、10mAのシンク駆動と4.5mAのソース駆動が可能なプッシュプルロジック出力、またはオプションの内部プルアップ付シュミットロジック入力のいずれかに設定することができます。7個のポートは設定可能な遷移検出ロジックを備え、これによりポートロジックレベルの変更時に割込みが生成されます。MAX7300はI²C対応2線式シリアルインタフェースを通じて制御され、4レベルロジックを用いてわずか2つの選択ピンから16個のI²Cアドレス選択が可能です。

MAX7300AAXおよびMAX7300ATLは28個のポートを備え、それぞれ36ピンSSOPおよび40ピンTQFNパッケージで提供されます。MAX7300AAIおよびMAX7300ATIは20個のポートを備え、それぞれ28ピンSSOPおよびTQFNパッケージで提供されます。SPI™インタフェースバージョンについてはMAX7301のデータシートを参照してください。追加の24mA定電流LED駆動能力付きピンコンパチブルのポートエキスパンダについてはMAX6956のデータシートを参照してください。

主な機能

  • 400kbps I²C対応シリアルインタフェース
  • 動作電圧:2.5V~5.5V
  • 温度範囲:-40℃~+125℃
  • 次のいずれかに設定が可能な20個または28個のI/Oポート
    • プッシュプルロジック出力
    • シュミットロジック入力
    • 内部プルアップ付シュミットロジック入力
  • シャットダウン消費電流:11µA (max)
  • 7個のI/Oポートでロジック遷移検出

アプリケーション/用途

  • 産業用コントローラ
  • システム監視
  • 白物家電
Parametric specs for I/O Port Expanders
Interface Serial 2-Wire 400kbit
I/O 20 or 28
Interrupt Output Yes
Drive Current (mA) 10
VSUPPLY (V) (min) 2.5
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Package/Pins SSOP/28
SSOP/36
TQFN/40
Budgetary
Price (See Notes)
$3.53 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX7300:標準動作回路 MAX7300:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for I/O Port Expanders
Interface Serial 2-Wire 400kbit
I/O 20 or 28
Interrupt Output Yes
Drive Current (mA) 10
VSUPPLY (V) (min) 2.5
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Package/Pins SSOP/28
SSOP/36
TQFN/40
Budgetary
Price (See Notes)
$3.53 @1k

主な機能

  • 400kbps I²C対応シリアルインタフェース
  • 動作電圧:2.5V~5.5V
  • 温度範囲:-40℃~+125℃
  • 次のいずれかに設定が可能な20個または28個のI/Oポート
    • プッシュプルロジック出力
    • シュミットロジック入力
    • 内部プルアップ付シュミットロジック入力
  • シャットダウン消費電流:11µA (max)
  • 7個のI/Oポートでロジック遷移検出

アプリケーション/用途

  • 産業用コントローラ
  • システム監視
  • 白物家電

説明

MAX7300は小型シリアルインタフェースI/O拡張ペリフェラルで、マイクロプロセッサに最大28個のポートを供給します。各ポートでは、ロジック入力およびロジック出力をユーザが個別設定することができます。

各ポートは、10mAのシンク駆動と4.5mAのソース駆動が可能なプッシュプルロジック出力、またはオプションの内部プルアップ付シュミットロジック入力のいずれかに設定することができます。7個のポートは設定可能な遷移検出ロジックを備え、これによりポートロジックレベルの変更時に割込みが生成されます。MAX7300はI²C対応2線式シリアルインタフェースを通じて制御され、4レベルロジックを用いてわずか2つの選択ピンから16個のI²Cアドレス選択が可能です。

MAX7300AAXおよびMAX7300ATLは28個のポートを備え、それぞれ36ピンSSOPおよび40ピンTQFNパッケージで提供されます。MAX7300AAIおよびMAX7300ATIは20個のポートを備え、それぞれ28ピンSSOPおよびTQFNパッケージで提供されます。SPI™インタフェースバージョンについてはMAX7301のデータシートを参照してください。追加の24mA定電流LED駆動能力付きピンコンパチブルのポートエキスパンダについてはMAX6956のデータシートを参照してください。

簡略化されたブロック図

MAX7300:標準動作回路 MAX7300:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。