先頭に戻る

PWM輝度制御付き10ポート定電流LEDドライバおよびI/Oエキスパンダ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Display Drivers
LCD or LED LED
Display Type Common Anode
Interface Serial SPI 26Mbit
Digits or Char. 10-Segment
Output Format Any digit type
Segment Blinking No
VSUPPLY (V) (min) 2.25
VSUPPLY (V) (max) 3.6
Package/Pins QSOP/16
TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.46
Parametric specs for I/O Port Expanders
Interface Serial SPI 26Mbit
I/O 10
Over Voltage Protection (V) 7
Drive Current (mA) 20
VSUPPLY (V) (min) 2.25
VSUPPLY (V) (max) 3.6
Package/Pins QSOP/16
TQFN/16
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。参照: サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Display Drivers
LCD or LED LED
Display Type Common Anode
Interface Serial SPI 26Mbit
Digits or Char. 10-Segment
Output Format Any digit type
Segment Blinking No
VSUPPLY (V) (min) 2.25
VSUPPLY (V) (max) 3.6
Package/Pins QSOP/16
TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.46
Parametric specs for I/O Port Expanders
Interface Serial SPI 26Mbit
I/O 10
Over Voltage Protection (V) 7
Drive Current (mA) 20
VSUPPLY (V) (min) 2.25
VSUPPLY (V) (max) 3.6
Package/Pins QSOP/16
TQFN/16

主な特長

  • 高速26MHzのSPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応シリアルインタフェース
  • 2.25V~3.6V電源で動作
  • 電源投入時I/Oポートはデフォルトでハイインピーダンス(LEDはオフ)
  • I/Oポートの入力は7Vまでの過電圧保護
  • I/Oポートの出力は7V定格のオープンドレイン
  • I/Oポートの出力は10mAまたは20mAの定電流のスタティック/PWM LEDドライバ、またはオープンドレインのロジック出力
  • I/Oポートは活線挿入をサポート
  • 各LEDは個別に8ビットPWM輝度制御
  • 各出力はPWM制御の使用/不使用を設定可能
  • 単純なアクティブローCSパルスによりシャットダウンから抜け出す(ウォーム起動)ことが可能
  • 自動ランプダウン(少しずつ減少)させてシャットダウン
  • シャットダウンから自動ランプアップ(少しずつ増加)させて起動
  • シャットダウン電流:0.8µA (typ)、2µA (max)
  • 小型の3mm x 3mm、高さ0.8mmのTQFNパッケージ
  • -40℃~+125℃の温度範囲

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • キーパッドバックライト
  • LCDバックライト
  • LEDステータス表示
  • ポータブル機器
  • RGB LEDドライバ

説明

MAX6966/MAX6967はシリアルインタフェースの周辺機器であり、定格が7Vの10個のI/Oポートをマイクロプロセッサに提供します。

各ポートは個別に以下のいずれかに構成することができます:
  • 20mAの定電流LEDドライバ(スタティックまたはパルス幅変調(PWM))
  • 10mAの定電流LEDドライバ(スタティックまたはPWM)
  • オープンドレインロジック出力
  • 過電圧保護されたシュミットロジック入力
アナログおよびスイッチングLED輝度制御が組み込まれています:
  • 出力ごとに個別に8ビットのPWM制御が可能
  • 出力ごとに個別に1ビットのアナログ制御(ハーフ/フル)が可能
  • 全体3ビットのアナログ制御がすべてのLEDに適用される
10ポートのPWMタイミングはスタッガ(時差方式)することが可能(オプション)であり、各45度の位相差とすることができます。これは8ステップでPWM負荷電流を時間分散するので、電源電流を平滑化してRMS電流を減らします。

MAX6966/MAX6967はアクティブローCS入力に最低3msのパルスを入力すると、シャットダウンからウェイクアップする構成が可能です。このハードウェア設定によるウエィクアップ機能はパワーマネージメント用のコントローラまたは同様なASICが、MAX6966/MAX6967に予めLED輝度の設定を行っておくことを可能とします。

シャットダウンは最大4秒まで待つように設定することができ、シンク電流を1/16秒~4秒の期間でゼロにフェードダウン(少しずつ減少)させて、その後、シャットダウンとすることができます。同様にシャットダウンから、1/16秒~4秒の期間で電流をランプアップ(少しずつ上昇)させることが可能です。

MAX6966/MAX6967は活線挿入をサポートします。電源断(V+ = 0V)ではすべてのポートは最大8Vの電圧が印加されるまで、ハイインピーダンスとなっています。

DOUT/OSC端子はシリアルインタフェースデータ出力またはPWMクロック入力として構成することができます(オプション)。MAX6966の起動時のデフォルトはDOUT出力です。MAX6967の起動時のデフォルトはOSC入力です。

定電流制御のない同様な製品についてはMAX7317のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

MAX6966、MAX6967:標準アプリケーション回路 MAX6966、MAX6967:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。参照: サポートセンター をご利用ください。