MAX3110E

SPI/MICROWIRE対応のUARTおよび±15kV ESD保護のRS-232トランシーバ、コンデンサ内蔵

業界初、シリアルUARTおよびデュアルRS-232内蔵IC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3110E/MAX311Eは、あらゆる機能を兼ね備えた汎用非同期レシーバ/トランスミッタ(UART)を、±15kV ESD保護付RS-232トランシーバおよび集積チャージポンプコンデンサと組み合わせて単一の28ピンパッケージに収め、スペース、コスト、電力に制限のあるアプリケーションで使用できるようにしたものです。MAX3110E/MAX3111Eはまた、SPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応のシリアルインタフェースを備えており、ボード面積およびマイクロコントローラ(µC)のI/Oピンをさらに節約しています。

マキシム独自の低ドロップアウト出力段は、2ドライバ/2レシーバのインタフェースがVCC = +3V (MAX3110Eは+4.5V)までの真のRS-232性能を提供しますが、一方で消費電流が僅か600µAとなっています。レシーバはハードウェア/ソフトウェアによるシャットダウン時もアクティブのまま留まり、僅か10µAの電流消費で外部デバイスの監視を続行できます。各デバイスは、真のEIA/TIA-232出力電圧レベルを維持しながら最高230kbpsまでの動作を保証しています。

MAX3110E/MAX3111EのUARTは、クリスタル発振器および300ボーから230kボーまでの全ての汎用ボーレートに対応したソフトウェア設定の分周比を持つボーレート発生器を備えています。UARTには深さ8ワードの受信FIFOが備わっており、プロセッサのオーバヘッドを最小限に抑えます。また、4つのマスク可能なソースを持つフレシキブルな割込み機能を備えています。さらに、2本の制御ライン(入力1本と出力1本)がハードウェアのハンドシェーク用に備わっています。

UARTおよびRS-232の2つの機能は電源とグランド接続のみを共有するため、一緒に使用することも別々に使用することもできます(MAX3110E/MAX3111Eは、ハードウェア、ソフトウェア共にMAX3100およびMAX3222Eとコンパチブルです)。
MAX3110E、MAX3111E:標準アプリケーション回路 MAX3110E、MAX3111E:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 集積化によってコストと基板スペースを削減
    • RS-232トランシーバとUARTを単一の28ピンパッケージに統合
      • 保証データレート:230kbps
      • SPI/QSPI/MICROWIRE対応µCインタフェース
    • 内部チャージポンプコンデンサによって外付け部品不要
  • 低電力動作によって放熱を低減
    • VCC = +3V以上で真のRS-232動作(MAX3111E)
    • 単一電源動作
      • +5V (MAX3110E)
      • +3.3V (MAX3111E)
    • 消費電流:600µA
    • シャットダウン消費電流:10µA (レシーバ割込みアクティブ)
  • MAX3100およびMAX3222Eとハードウェア/ソフトウェア互換

アプリケーション/用途

  • ハンドヘルド/バッテリ駆動機器
  • ハンディターミナル
  • 産業用フロントパネルインタフェース
  • POS端末
  • テレコム/ネットワーキング診断用ポート

技術資料

チュートリアル 2141 Determining Clock Accuracy Requirements for UART Communications

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3110E.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3110ECNI
  • MAX3110ECNI+G36
  • MAX3110ECWI
  • MAX3110ECWI+G36
  • MAX3110ECWI+TG36
  • MAX3110ECWI-T
  • MAX3110EENI
  • MAX3110EENI+G36
  • MAX3110EEWI
  • MAX3110EEWI+G36
  • MAX3110EEWI+TG36
  • MAX3110EEWI-T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID PDF タイトル
    チュートリアル 2141 Determining Clock Accuracy Requirements for UART Communications
    種類 ID タイトル
    評価ボード5984MAX3111EEVKIT MAX3111Eの評価キット