先頭に戻る

MAX3100の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX3100の評価キット Apr 18, 2008

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • SPI/MICROWIRE対応のµCインタフェース
  • オンボードのµCによってフレキシブルな設定が可能
  • Windows 2000/XP/Vista (32ビット)対応のソフトウェア
  • 鉛フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • インテリジェント機器
  • 絶縁型RS-232/RS-485:フォトカプラを直接駆動
  • コンピュータ/周辺機器用、低コストIRデータリンク
  • HVACまたはビルディング制御の小型ネットワーク
  • SPIシステムのUART

説明

MAX3100の評価キット(EVキット)は、SPI™/MICROWIRE™対応のUART (Universal Asynchronous Receiver Transmitter)のMAX3100を評価する実証済みデザインを提供します。また、このEVキットは、Windows 2000/XP/Vista®対応ソフトウェアも同梱し、MAX3100の各機能を実行するための簡易なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供します。

MAX3100は、内蔵マイクロコントローラ(µC) MAXQ2000との通信にSPI/MICROWIREインタフェースを使用します。オンボードのDIPスイッチとモーメンタリプッシュボタンスイッチを使用し、MAX3100の内部レジスタを設定します。

このEVキットは、PCのシリアルポートに直接接続するか、ストレートスルー型の拡張ケーブルを使用して接続することができます。PCはデータ端末機器(DTE)デバイスであり、このEVキットはデータ通信機器(DCE)デバイスです。

このEVキットとPCのシリアルポートが正しく設定されると、PCはMAX3100にキャラクタを送信することができます。搭載されたMAXQ2000 µCは、MAX3100からの受信データを読み取って、搭載された7セグメントLEDにキャラクタを表示するか、またはデータをPCに返送します。

そのほかに、スイッチ、ジャンパ、およびパッドも用意され、ボードをMAX3100で可能となるさまざまな構成に変更することができます。

技術資料

データシート MAX3100の評価キット Apr 18, 2008

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。