先頭に戻る

製品の詳細

Parametric specs for SPI/Microwire-Compatible UARTs
µP I/F SPI and Microwire Compatible
# Channels 1
ICC (mA) (typ) 0.27
VSUPPLY (V) 2.7 to 5.5
Package/Pins PDIP/14
QSOP/16
TQFN/24
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
4.06
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for SPI/Microwire-Compatible UARTs
µP I/F SPI and Microwire Compatible
# Channels 1
ICC (mA) (typ) 0.27
VSUPPLY (V) 2.7 to 5.5
Package/Pins PDIP/14
QSOP/16
TQFN/24
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Budgetary
Price (See Notes)
4.06

主な特長

  • 小型TQFNおよびQSOPパッケージ入手可能
  • 完全機能のUART:
    • IrDA SIRタイミングコンパチブル
    • 8ワードFIFOが高データレートでのプロセッサオーバーヘッドを低減
    • 3.6864MHzのクリスタルにより最大230kボーまで動作
    • 9ビットアドレス認識割込み
    • シャットダウン中に受信アクティビティ割込み
  • SPI/MICROWIREコンパチブルのµCインタフェース
  • 超低電力:
    • 3.3Vで動作電流150µA
    • シャットダウン電流10µA (受信割込み付)
  • 電源電圧:+2.7V~+5.5V (動作モード中)
  • フォトカプラ用のシュミットトリガ入力
  • TXおよびRTS出力はフォトカプラ用に25mAをシンク

アプリケーション/用途

  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • インテリジェント機器
  • 絶縁型RS-232/RS-485:フォトカプラを直接駆動
  • コンピュータ/周辺機器用、低コストIRデータリンク
  • HVACまたはビルディング制御の小型ネットワーク
  • SPIシステムのUART

説明

MAX3100は、マイクロコントローラ搭載の小型システム用に最適化された初の汎用非同期レシーバ/トランスミッタ(UART)です。SPI™/MICROWIRE™インタフェースによりホストのマイクロコントローラ(µC)と通信するMAX3100は、小型24ピンTQFNおよび16ピンQSOPパッケージに収められています。本素子の非同期I/Oは、RS-232、RS-485、IRおよび光絶縁データリンクに適しています。MAX3100の赤外データアソシエーション(IrDA)タイミングモードにより、IRリンクが容易になっています。

MAX3100は、水晶発振器および300ボーから230kボーまでの全ての汎用ボーレートに対応したソフトウェア設定の分周比を持つボーレート発生器を備えています。ソフトウェアまたはハードウェアによるシャットダウン状態では自己消費電流が10µAまで低減しますが、レシーバのアクティビティを検出する能力は残されています。

深さ8 ワードのファーストイン/ファーストアウト(FIFO)バッファにより、プロセッサのオーバーヘッドを最小限に抑えます。また、本素子は4つのマスク可能なソース(9ビットネットワーク上でのアドレス認識を含む)を持つフレキシブルな割込み機能を備えています。2つのハードウェアハンドシェイク制御ライン(入力1本と出力1本)があります。

MAX3100は、14ピンプラスチックDIPおよび小型16ピンQSOPパッケージで提供されており、温度範囲は民生用および拡張用のものが用意されています。

簡易ブロック図

MAX3100:標準動作回路 MAX3100:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。